レビュー一覧に戻る
グースバンプス モンスターと秘密の書
2017年1月7日公開

グースバンプス モンスターと秘密の書

GOOSEBUMPS

1032017年1月7日公開

一人旅

5.0

『ドラキュリアン』風味のモンスターホラー

ロブ・レターマン監督作。 世界で累計3億部以上売り上げたアメリカのホラー作家:R・L・スタインの人気小説「グースバンプス」シリーズを下敷きにしたファンタジーホラーの隠れた良作で、少年少女&中年ホラー作家が突如として町に出現したモンスター軍団を退治すべく力を合わせて奮闘します。 NYから田舎町に引っ越してきたビビりな男子高校生:ザックと隣家に暮らす同年齢のヒロイン:ハンナ&その父親であるホラー作家:R・L・スタイン、ザックの変わり者の友人:チャンプが、ザックのミスにより現実世界に解き放たれてしまったスタイン著「グースバンプス」に登場するモンスターたちを再び本の中に封印し、大混乱に陥っている町に平和を取り戻すべく奮戦する様子を描いたファンタジーホラーで、原作が児童向けホラー小説なので全年齢対象のエンタメムービーに仕上がっています。 見所は、スタインが書いた本に登場する怪物たちが現実世界に出現して町全体をパニックにしていく場面で、怪物たちの取りまとめ役として暗躍するお喋りな腹話術人形をはじめ、雪男、狼男、透明人間、ミイラ男、小人軍団、超巨大カマキリ、殺人ピエロ、ゾンビ、食人植物、人喰いアメーバー…と多彩なモンスターが画面狭しと大暴れします。1種類のモンスターに限定せず、古今東西さまざまなモンスターを集結させた点でフレッド・デッカーの名作『ドラキュリアン』(87)を彷彿させるモンスターズ映画となっていて、ザックとハンナの初心なロマンスや心の成長がモンスター退治と並行して語られていきます。 主演のジャック・ブラックによる芸達者でコミカルな立ち回りに加えて、無名ながら高校生役若手俳優たちの健闘も光ったモンスターホラーの快作で、ジャック・ブラック扮するスタインが小人たちに拘束される場面は自身が主演した『ガリバー旅行記』(10)のセルフオマージュであります。

閲覧数236