ベン・ハー 終わりなき伝説

IN THE NAME OF BEN HUR

89
ベン・ハー 終わりなき伝説
1.7

/ 11

0%
0%
18%
36%
45%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(2件)

悲しい50.0%勇敢50.0%

  • いやよセブン

    1.0

    ローマ帝国時代には見えない

    ローマ帝国軍に娘たちを徴発された村人は、伝説の拳闘士ベン・ハーを訪ね、やっつけて欲しいと頼む。 兵士たちは下町のチンピラにしか見えないのが悲しい。

  • kyabe2

    2.0

    ひどいもんだがちょっとイイ

    まあ、じっくり見るものじゃない。「ベンハー?」と言うから見てみたが、冒頭しょっぱなから、期待したローマ帝国やの圧巻スケールの映像とか、ぜんぜんない。私はベンハーなら、ベンハーもだし、グラディエーターとかを期待していたが、そんなものは一切出ない。話は小さな村の中、いや、森の中が圧倒的に多い。村でもローマでも、どう言ってもどこでも可能。 時代劇が好きで、ローマ時代のお話が見たい人なら、これでもいいかもしれない。 ただ、これがちょっといい。 まず、役者のひどさに、見ている側も受け入れるのに無理がかかったが、まあ慣れてくる。今回はこの人選が一番腑に落ちなかった。彼らにはぜんぜん花がない。 しかし、戦いへと向かう流れで物語を引っ張っていく主人公の若者、敵対するローマ軍兵士たち、敵味方の登場人物の書き分けと言う点では、花のない役者たちといっても、それぞれ、役割が見える個性ある役者たちが登場してくる。 起因があって、物語が展開して、おかしな点もない。むしろ、流れは良いほうだ。だから、最後まで見れた。というより、見ようと思えた。 後半で、ローマ帝国側が出してくる戦闘兵士みたいなのが、異種格闘技の戦士ばりにキワモノたちが出てくるのが、物語に微妙な雰囲気を加える。 これがローマ帝国の殺し屋たちとの戦いへと向かわせる物語の核心へと向かう起爆剤となり、何とか後半も物語性を保っている。 ただ、最後には戦闘ばかりが続いて、花のない役者たちがいくら戦っても、あまり見れたものでなく、はやく終わらんかなと思ってくる。 しかし、カメラワークが良い。 下手なB級映画なら、なんだこの映像は、このシーンはというのが多いが、こういうのがなく、けっこうハリウッドスターのアクションシーンっぽいシーンがある。これが別の意味から感心して見れた。 あとは、主人公はあの、ベンハー。 それだけでもけっこうぐっと来るが、それだけあって、それだけのものだなあ。 1時間40分ほどあるが、短編だったら良かったと思う。 あのベンハーの後日談ということで、こういう話もあったんだろうなと思える。 映画製作初心者なら、この作ならけっこう高得点もらえるのでないだろうか。 名のある俳優さんを使えば、わりと見れると思える映画である。 ベンハーが教える教訓には、へえと感心もさせられた。 登場人物たちがそれぞれけっこうまともで、なんだか見ているうちに共感も出来た。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ベン・ハー 終わりなき伝説

原題
IN THE NAME OF BEN HUR

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル