レビュー一覧に戻る
バッドガイズ!!
2017年2月21日公開

バッドガイズ!!

WAR ON EVERYONE

982017年2月21日公開

fg9********

2.0

美形のオネエ口調のケイレブがイカシテタ

 …レビュー数は未だ8件のみだ。  あんまり人目に付かない作品なんだな。  …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。  『アメリカのニューメキシコ州。  けんかっ早いテリー(アレキサンダー・スカルスガルド)とおしゃべりなボブ(マイケル・ペーニャ)は警官ながら、悪人を見つけては脅し、暴行を加え、ドラッグをくすねるなどの悪事を繰り返していた。  ある日、二人はストリップクラブの経営者を脅迫。  しかし、バックには裏社会を仕切るイギリス人(テオ・ジェームズ)がいて……。』  テリーをどこかで見たことがあると思ったら、『ターザン:REBORN』で素晴らしい肉体美を披露したアレキサンダー・スカルスガルドだった。  長躯でガタイもよく、マスクは甘いのでなかなか見栄えがするが、本作では何故か猫背で打ちひしがれている感じがしたな。  ボブ役のマイケル・ペーニャもちょくちょく見るが、ふざけているのか真面目なのか、中途半端なオトボケ感は見飽きなかったな。  で、このボブを中心にオフザケ・トークが展開するが、ギャグも下ネタも滑り捲っていて全く面白くないし、ストーリーもあるんだかないんだか判らないくらいにうわッ滑りしていて、しかも、テンポも悪いので欠伸連発になってしもうたなぁ。  唯一、美形のケイレブ・ランドリー・ジョーンズがオネエ口調でキレまくっていたのが可笑しくて、血塗れになってオッチンでイカシテタので、☆一つプラスした。 (メモ 総レビュー数:2836件、2018年度:21作品目)

閲覧数1,493