レビュー一覧に戻る
夜は短し歩けよ乙女
2017年4月7日公開

夜は短し歩けよ乙女

THE NIGHT IS SHORT, WALK ON GIRL

922017年4月7日公開

ivo********

3.0

ネタバレ意外とまともなテーマ

長い一夜の乙女の行動を中心に、酒、本、風邪などを通して、人と人との繋がりを描いた群像劇的物語。 湯浅政明監督作は、『マインドゲーム』とテレビシリーズの『四畳半神話体系』は観ていたのだが、最近になって『映像研には手を出すな!』を観て、すっかり夢中になってしまった。 それで、湯浅監督の他の作品に興味を持って、本作をチョイス。 キテレツでサイケデリックな演出の割に、結論は意外にも、人の繋がりの大切さ、という至極まともなところにキレイに着地しすぎちゃったのが、正直物足りなかったかな・・・。 第一印象は不良っぽかったり、禍々しい感じがしても、よくよく耳を傾けると、意外と言ってることは真っ当、というのは、椎名林檎とか、朝倉未来とかw、人気者のひとつの法則なのかな。 クレイジーな映像美にふさわしい、過激なテーマ性がほしかったな。原作のこととか全く知らんので。 『映像研〜』の浅草みどりとか、『四畳半〜』の明石さんとか、湯浅監督の描くヒロインは、(原作者はそれぞれ別ながら)サブカル女子という共通項があって、現実味はないが、それぞれに魅力があった。 が、本作のヒロインは、個人的に魅力を感じなかったな。 このヒロインは、自由奔放に行動しているように見えて、中身が空っぽで、結局、どうしようもない男を癒すことに、奉仕させられているように見える。

閲覧数921