レビュー一覧に戻る
劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
2017年7月15日公開

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

982017年7月15日公開

弥生

2.0

ネタバレなんでやねーん(棒)

この前酷いというレビューを見てどんな物かと思い、借りてきて見たのですが… 悲しいポイント1点目。ライコウとスイクンの存在感薄すぎ。 エンテイはサトシと戦いましたが、ライコウとスイクンに関しては準神話ポケモンだから一応出しとこう感が半端ないです。それだったら最後にラスボス?的な感じでマーシャドー側か、反対にサトシを助ける側として出して欲しかったです。ここは本当に悲しすぎた…(笑) 2点目、サブキャラが何故タケシとカスミじゃないのか。 ポケモンとの出会いが全く別の話ならば納得できるのですが、原作とほぼ一緒の流れ…。ならば似た様なオリキャラを作らず、タケシとカスミでサトシのポケモンとの出会いを簡略化させてしまえばまだ良かったのに…と思います。 3点目、サトシの酷いセリフ。 「ピカチュウなら勝てたんだ…」や「最初のポケモンがゼニガメかフシギダネだったら良かったのに…」等のセリフですが、どうせ言わせるならばもっとサトシが闇に落ちても良かったのでは…?と思いました。まぁ、子供向けではなくなるかもしれませんが…そうすればマーシャドーの存在意義も少しは出ると思いますし感動も大きくなったと思います。 4点目、クロスくん可愛そう問題。彼さ…絶対に羽を黒くするほど心腐ってなかったよね!? 弱いポケモンに対しての扱いは酷かったですが、それは心が腐っているとはまた違った問題な気がします。クロスを悪役にしたかったのなら、マーシャドーをサトシではなく、クロスに憑依?させても良かったかもしれません。 5点目、おしゃべりピカチュウ&サトシ復活。 突然光彦出てきたのは100歩譲って良しとしても、その場にホウオウ居ないのにサトシ復活は謎すぎます。虹色の羽には不死の加護でも付いているのでしょうか…。 因みに、レビューの星が1ではなく2なのに関しては、まず、作画や声優などの映画を作ってくれる人に対しての感謝の気持ち。(ただし今回の物語に関しては、個人的にかなり残念だったので脚本家さんはこの中に含まれていません。) 次に、ピカチュウのサトシを失った涙でもらい泣きできた。復活は読めてしまいましたが。(但しホウオウなしに復活するとは思ってなかった。) などの理由からです。

閲覧数2,316