ここから本文です

TAP THE LAST SHOW (2017)

監督
水谷豊
  • みたいムービー 135
  • みたログ 630

3.79 / 評価:549件

解説

『相棒』シリーズの杉下右京役でおなじみの水谷豊が初めてメガホンを取り、およそ40年前から構想を抱き続けてきたという物語を映画化した人間ドラマ。厳しいショービズの世界を舞台に、今では落ちぶれた元花形タップダンサーと将来有望な若手ダンサーたちとの出会いを活写する。『僕は友達が少ない』などの北乃きいやベテランの六平直政、岸部一徳らが共演。ショービジネスの明暗を描く物語に心打たれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

十数年前、天才タップダンサーの渡真二郎(水谷豊)は舞台での事故で引退を余儀なくされ、今では足を引きずりながら酒浸りの生活を送っていた。ある日、彼は付き合いの長い劇場支配人の毛利から、有終の美を飾るラストショーの演出を依頼される。最初は乗り気でなかった渡だったが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ