ここから本文です

マンチェスター・バイ・ザ・シー (2016)

MANCHESTER BY THE SEA

監督
ケネス・ロナーガン
  • みたいムービー 748
  • みたログ 2,471

3.78 / 評価:1854件

近年最高作 どうしようもない人間の痛み

  • son***** さん
  • 2020年5月26日 14時45分
  • 閲覧数 847
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画は、華やかなシーンはないし、俳優もどちらかといえば地味で、回想がクライマックスという、見る人によってはひどく退屈な映画になるはずだ。

主人公は社会の底辺のアパートの管理人として、人との主体的な関わりを避けてくらす。会話をしないわけではないが、どうなってもいい、という投げやりな空気が根底にあって、酒場でもちょっとしたことで他人に殴りかかったりして、それは最後まで変わらない。

背景には、自分の不注意で起こした火災で子供を全員焼死させてしまい、妻に罵られて離婚したことがあるが、その妻は再婚して別の男との子どもができ、苦しみながらも新しい人生を歩んでいる。
ふたりが再会して、元妻はかつての暴言を謝罪して泣くが、過去を抜けていない主人公は心を閉ざして去る。

また、死んだ兄の子の保護者になろうと努力するが、悲劇のあった地、マンチェスターバイザシーで暮らすのはどうしても無理というのが結論で、甥っ子は最終的に、友人の養子になる。

時間の経過で現実はわずかに変わるが、主人公は新しい人生を歩めない。どうしても乗り越えられないことがあって、すぐに消えてしまいたいが、それをぎりぎり留まらせる「なにか」があって日々生きている、という人は、見るべき映画だろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ