2017年4月22日公開

シチリアの恋

NEVER SAID GOODBYE

1002017年4月22日公開
シチリアの恋
3.2

/ 95

32%
11%
24%
18%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • 寺下

    4.0

    ネタバレ雰囲気が良い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    1.0

    ネタバレヒロインが??かなり不愉快なラブロマンス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cta********

    2.0

    出演者だけが救い

    イ・ジュンギの史劇ファンで この映画は知ってたが 評判もあまり良くないので 当時はスルー。 最近、イーサン・ルアンを 知ってファンになり鑑賞。 イーサン・ルアンの役どころは 良かったと思うが ストーリー全体としては なかなか共感しづらい。 イジュンギ、イーサンを 愛でるだけの価値かな…

  • aak********

    4.0

    泣く

    見始めは⁇な感じ、でも映画なの、作り物なのよ。現実的に捉えてはいけない。ありえない事が起きる、童話な世界。先入観とか現実的とか複雑に考えず、純粋に愛の力だったり、愛する人の事を考えたら素敵な映画なのでわないのかな〜と思える映画です。

  • jyg********

    4.0

    イ・ジュンギ大好き

    最初、つまらなく思ったのですが、時間軸の変化についていけるようになると面白くなってきました。最後、美しい景色と挿入歌が相乗効果となり、感動しました。ヒロインの女優さんが美人で無いのにも見慣れて、とてもいい味が出てるように感じました。イ・ジュンギ最高でした。

  • べティ

    1.0

    わからない

    イ・ジュンギ目当てでDVD購入 お金の無駄だった。 大好きなイ・ジュンギ………ドラマはあんなに素敵なのに………映画は全てダメ……最悪。 何でだろう?脚本?監督?キャスト? 実はイ・ジュンギ?(それはない!) いつになったら最高!と言える映画が見れるのかな?「王の男」も私には良いとは言えなかった。ドラマと歌とダンス……最高なんだけどなぁ~(笑)

  • yos********

    3.0

    こういう女はキライだ‼︎

    とにかくこの主人公の女性がムカつく。 女性に嫌われる典型じゃないか と思うほどイライラ、イライラしながら 物語は進んでいく。 自分の感情を相手に押し付けるのも嫌いだし 周りの迷惑省みずってとこも嫌い。 少しでも可愛らしさがあれば なんとなく笑って許せるのかもしれないが これはちょっと度を越してる。 そんな愛する女性のために行動する男性は素敵だが なんで、こんな女のためにって思えてならない。 仮にこの女性でなくてもここまでする人っていないね。 だけど違うタイプの女性だとしたら もう少し感情移入できたんじゃないかな。 と言いつつ、そんな感情でさえも湧き上がるといことは 少なからず、この作品に吸い込まれたといこと なのかもしれない。

  • gir********

    1.0

    困った困った

    2018年もちょうど真ん中というところで、今年ワーストの映画を観てしまった... 唯一良いのは主演の2人だけといったところ... 演出もスローモーションの連発で(アジアではよく使われるが、サム・ペキンパーとブライアン・デ・パルマ以外に使い上手な監督は観たことない)、間延びしてしまい流れを切る。 脚本も実に支離滅裂で、時間軸を複雑にしてるのも成功していない。 感情移入も全くと言っていいほどできず、キャラクターもどこからどう見ても精神が異常。 とにかくひどい。ひどすぎる。 イ・ジュンギファン以外、誰が楽しめるのか。 映画を目的に観るのではなく、俳優目当てで観るだけの作品といったところかな...

  • ジョアン

    5.0

    おもしろいよ!

    この映画のよさがかわからない人かわいそう。。

  • sei********

    1.0

    ネタバレ時間の無駄遣い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    2.0

    所長が際立ってイイ人だなぐらいしか……

     …大好きなチャン・イーモウ監督作の『サンザシの樹の下で』のチョウ・ドンユイの名前が見えたので、観てみる。  …レビュー数は未だ9件のみだ。  あんまり人目に付かない作品なんだな。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。  『上海の設計デザイン事務所勤務のジュンホ(イ・ジュンギ)とシャオヨウ(チョウ・ドンユイ)は、仲むつまじいカップルだった。  だがある日、ジュンホがイタリアへのオペラ留学を表明し、婚約者シャオヨウとの同居も解消し旅立ってしまう。  あまりにも急で一方的な別れにシャオヨウはぼうぜんとし、仕事もままならなくなる。  そして3か月が過ぎたある日、シャオヨウのもとにある知らせが届き……。』  「ある知らせ」とは、ジュンホが事故で亡くなってしまうのだった。  観始めたら、チョウ・ドンユイが『サンザシの樹の下で』の時ほど清楚でも可憐でもなくなっていたな~。  垂れ眼でおちょぼ口だけが目立つ顔立ちになっていたっけな。  で、シャオヨウがジュンホの死を嘆き悲しむシーンがシツコイくらいに続くのだが、ヒステリックで我が儘であんまりキュートには感じられず、食事をする姿も汚く思えてしまったな。  で、後半はジュンホの視点で描かれて真相が明らかになるが、ジュンホは脳腫瘍だったかを患い余命僅かの身になってしまうのだった。  で、ジュンホとシャオヨウはいずれ永遠の別れを迎えてしまうので、いっそのこと生前葬をしてしまい、死んだ筈のジュンホが実は生きていて、死ぬ時まで陰ながらシャオヨウを見守ってやろうとするといったストーリーだ。  でも、ジュンホがどうしてこんな方法を思い立ったのか、よ~解からん愛の形のように思えて、あまり哀しさも沸いてはこなかったな~。  設計デザイン事務所の所長が際立ってイイ人だなぐらいしか感じなかったな。  それにしても、『シチリアの恋』という邦題は全くナンセンスだな。  チラチラッとシチリアの風景も映し出されはするものの話の要でもなんでもなく、英語原題の『Never Said Goodbye』の方が断然内容に相応しいと思われる。  まぁ、観て損はない程度の2.3点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:2887件、2018年度:72作品目)

  • ゴエモン

    2.0

    イ・ジュンギなので観たのですが

    タイトルからして良さげな映画ですが 期待ハズレでした。 ストーリーに何の意味もなく眠くなりました。

  • k2b********

    5.0

    良くも悪くも感情揺さぶる

    不治の病は常套手段でしょう、強く愛し合った二人に別れが来る、これも恋愛映画の普通のストーリー、でも女優の個性でしばし感じ方が違います。 チョウ・ドンユィ 初めて見る彼女は幼く子供じみていて強力、非常に強い個性感じます。 凄い美人でないのに、演技が上手と言えるか疑問なのに、でも彼女の一途な気持ち伝わり心惹かれる・・・チョウ・ドンユィ独特の魅力なのか。 何か、苦手・嫌い・好き混在するけど、幼さと一途さで、今回満点にします。

  • fn1********

    1.0

    シチリア⁇

    イジュンギ目当てにDVD鑑賞。主役カップルの深さが分からないまま別れてしまい感情移入が難しかった。奇異なところがあるカップルだから恋に落ちたのも現実離れ。 彼の死を受け入れようとシチリアの海岸でのシーンは美しかった。

  • nor********

    1.0

    シチリアの必要なし

    今まで見た映画で一番つまらない。 ストーリーに深みもなく、ただただ時間とお金のムダだったし、タイトルにシチリアとある必要性を感じないはなしでした。

  • hiy********

    3.0

    時系列の入れ替えで終盤が際立つ

    あの「サンザシ」のチョウ・ドンユイが荒れ狂い、同一人物?と思ってしまった。 でも、時系列が前後する編集によってさまざまな状況が明るくなるにつれ、 だんだん集中できるようになった。 現実味のない展開が、主演二人のために設定されたと思えば納得。 それだけに、影の男、イーサン・ルアンが私的には一番印象深い。 さて、タイトルの「シチリア」だが、他の方もおっしゃるようにそこでなくても よいのでは? やはり映像効果狙いかな? また、主演二人が似ており、年の差も感じて、兄妹にしか見えなかったわ。 チョウ・ドンユイは、切れ長の瞳からあふれる涙が武器だと思う。 どうか「いつの間にか大きな目になっていた」なんてことがありませんように。 ほかの人には真似のできない眼差しなのですから‼

  • mat********

    4.0

    チョウ・ドンユイ2作目の日本公開作品

    チョウ・ドンユイの作品なので鑑賞。 観客はほとんど女性。恐らくイ・ジュンギのファンだろう。 カップルも含め、男性は数名という感じ。 作品はストレートの泣かせるラブストーリー。 わかってたけど結局泣いた。 チョウ・ドンユイがとにかく健気で。 「サンザシの樹の下で」でイーモウ監督に見いだされてスクリーンデビュー、これがようやく2作目だ。 イーモウ監督いわく「彼女は実年齢よりも幼く見えるところがいい」。 その通り。でも前作から数年が経過しておいて彼女の魅力が衰えていないか心配だったが、まったくの杞憂だった。 10代でも通じるような純粋さ、健気さ、はかなさで、「守ってあげたいオーラ」がガンガン出ていた。 そんな彼女が可愛そうな目に遭うのでオジサンたちはもうたまらない。 ほんと、ヨシヨシってしてあげたくなるような可憐な女の子だった。 作品は意外にも伏線というか仕掛けも多くあってこれが案外退屈しない。 とくに壁の落書きがバツグンの効果を上げていて泣けた。 自分は満足できた。 ただ、5月5日の10時からの回を鑑賞したが、前から3列目のおばさん、ラストシーンでケイタイ出しやがった。 隣なら注意したのだが席が5つ隣でも間に人がいないとかなり迷惑だ。 韓流ファンのおばさん軍団のマナーは悪名高いが、このあばさんが韓流ファンでないことを願う。 パンフ700円。買おうとしたがドンユイのページが少なくてやめた。

  • nec********

    2.0

    ネタバレうーん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    2.0

    痴線女人。。。

    退屈でした。 最近シネマートで観る中・韓俳優映画が面白くなくって残念。 安易なお涙モノで「純愛」評するのやめてほしいな。。。 でも。所長さんとわんこ、そしてイタリアのおねーちゃんの旦那さんがチャーミングでした。 タイトルも「シチリア」つけなくってもよかったかも。 風景は美しかったが。

  • ken********

    5.0

    チョン・ドンユイさんが、表情豊かでいい

    チョン・ドンユイさんが、表情豊かで可愛かった。 笑ったり、怒ったり、泣いたり大忙しですね。この子を泣かせちゃいけないな。 イ・ジュンギさんも嫌味がなくてよかった。食堂のシーン最高やね。 切なくて、よかったです。 思っていたより、ずっとおもしろかった。

1 ページ/1 ページ中