ここから本文です

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 (2016)

DANCER

監督
スティーヴン・カンター
  • みたいムービー 210
  • みたログ 475

4.30 / 評価:362件

本物は裏切らない

  • dod***** さん
  • 2017年11月4日 20時30分
  • 閲覧数 1342
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

生まれてこの方バレエには何の興味も持たず、むしろ胡散臭い目で眺めてた私だが、予告編を見てしまったら劇場に足を運ぶしかなかった。断片的なショットではあったが、ポルーニンの姿は圧巻だった。

天才の成功と挫折、再生の軌跡は壮絶ではあるが、それ自体に新鮮味はない。
仮にこれが創作されたストーリーだったなら、「そんな絵に描いたようなストーリーじゃ…」と批判されるような、いわばステレオタイプな展開なのだ。
しかし、ポルーニンの存在感は、そんな”いちゃもん“を駆逐する。
ダンスシーンを軸に、彼が発するオーラが観客を凌駕し続ける。

極端に言えば、彼を撮ると決めた時点で、本作の成功は確約済み。
これだけの本物をスクリーンで観ることができれば、満足しないわけがない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ