レビュー一覧に戻る
侠女

侠女

侠女/A TOUCH OF ZEN

180

jsr********

4.0

触れること

枯れすすきが吹き抜ける風を、注がれる視線が触れようとする欲望を可視化する。それらをより具現化したのが格闘アクションであり、つまりは触覚の映像化である。 冥府魔道を彷徨う様は『雨月物語』へのオマージュではないか。

閲覧数780