ここから本文です

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方 (2015)

TRAINWRECK

監督
ジャド・アパトー
  • みたいムービー 67
  • みたログ 312

3.56 / 評価:227件

解説

『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー監督と、アメリカの女性コメディアンのエイミー・シューマーによるラブコメディー。ニューヨークを舞台に、幼少時のトラウマで恋愛ができない大人になったヒロインの恋愛模様を生き生きと描写する。『フィクサー』などのティルダ・スウィントンや『ルーム』などのブリー・ラーソンらが共演。迷走する主人公の恋の行方、悩める現代女性のリアルな生きざまが共感を呼ぶ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

離婚した父親に、幼いころから一夫一婦制を全否定されてきたエイミー(エイミー・シューマー)は、異性には深入りせず気楽な関係を求めていた。ある日、仕事でスポーツ外科医アーロン(ビル・ヘイダー)を取材することになる。この出会いによって、エイミーの恋愛観が変化し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」エイミー・シューマーの魅力全開!「恋愛あるある」満載のアメリカン・コメディ

 女の本音をリアルに描くコメディに、またひとつ新たな快作が加わった。なにしろ脚本・主演は、今をときめく人気コメディエンヌのエイミー・シューマー。監督はジャド・アパトーという顔合わせである。アメリカン・コメディ好きなら迷わず飛びつくタッグとはいえ、日本での知名度はまだまだなのがネックだが、これを観ればきっと彼女のファンになってしまうはず。

 一夫一婦制を否定する父親の教えを受けて、気ままな関係を楽しんできたニューヨークの雑誌記者エイミーが、取材で出会ったスポーツドクターとの関係を通して、生き方を見つめ直す。女子ウケ確実のファッショナブルなニューヨーカーの王道ロマコメの設定だけれど、主人公たちは女子がときめく美男美女ではない。魅力はもちろんそのストーリー以上に、彼らが繰り広げる「あるある」満載の状況や絶妙なツッコミのかずかず。一夫一婦制を否定する父親が、子供時代のエイミー相手に繰り広げるたとえ話や、お泊まりしたくない本当の理由など、登場人物たちとのやりとりがSEXから職場や家族の話題にいたるまでいちいち笑えて、男女を問わずに共感せずにいられないあたりがお見事なのだ。しかも、下世話な笑いを通して、いつしか愛を描いて胸の奥も目頭も熱くさせてしまうイケてるアメリカン・コメディのお約束もきっちり。

 そんなエイミーのセンスが観客を虜にせずにいないことは、業界人気を反映するかのようにブリー・ラーソンやティルダ・スウィントンらのオスカー女優をはじめ、スター俳優や有名選手が大勢出演し、驚くような役柄を楽しげに演じていることからもうかがえる。なかでも某美形俳優が演じるセルフパロディ混じりのキャラはケッサク。

 それにしても、エイミー・シューマーのキュートなこと。どこかとぼけたルックスとあいまって、エイミーとビル・ヘイダー演じる真面目な恋人とのやりとりが醸し出す空気はひときわ魅力的。体を張ったクライマックスにいたっては、思い出すたびに声を上げて笑ってしまうと同時に、彼女への愛おしさを抱かずにいられない。エイミー世代の女子たちには声を大にして言いたい。イケメンが出てないからと食わず嫌いしちゃ駄目よ、と。(杉谷伸子)

映画.com(外部リンク)

2017年3月2日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ