ここから本文です

ザ・モンスター (2016)

THE MONSTER

監督
ブライアン・ベルティノ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 96

2.37 / 評価:73件

意外と掘り出し物

  • sei***** さん
  • 2017年8月26日 20時21分
  • 閲覧数 1250
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 突っ込みどころが満載で、現在と過去を行ったり来たりするのに、前置きが無いことや、怪物がまったく怖くないこと。さらに、あんなに強かったのに、最後はあっさり殺されることなど、「レレレ?」が沢山あります。
 しかし、これはモンスター映画として作ったわけではなく、母と娘の相互理解と共感を描いた物語になっています。
 このため、モンスターに関する説明(どこから来て、何から生まれたか)が一切無く、母と娘の心情だけが語られます。
 途中から「これって、このモンスターが、暴力的な父親だとか、悪人だったりしたら、正攻法のスリラーだよな」と思いながら観ました。

 母親はアル中で、親たる責任を果たさずに、娘を殴ります。
 それまでの経過では、まさに家庭崩壊に向かって一直線に進んでいます。
 ところが、母親は怪物を前にすると、母親たる自分に目覚め、自らを犠牲にして娘を救おうとする。娘は母親を嫌い、「死ねばいいのに」と願うほどだったのですが、「逃げろ」という母親の言い付けを聞かずにその場に踏み止まってしまいます。もちろん、母親を見捨てることが出来なかったのです。
 そういう母娘の心情が伝わり、結構、泣けました。 

 一番優れた場面は、意識を失っている母親に対し、娘が「死ね」と呟くところです。これが効いており、その後の展開に生きて来ます。
 モンスター映画のジャンルに置くのは、勿体無いです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ