レビュー一覧に戻る
ハイジャック・ゲーム

ang********

2.0

ネタバレこれは無理がありますよっ!

本作品では、拙筆が初レビューらしく責任重大。でもないか。 さて、非常に無理のある作品です。 熱血ゆえに現場でトラブルを起こし(犯人を銃撃から守り逮捕した)、デスクワークに左遷された女性FBI捜査官が主人公。デキル奴。 主人公が航空機に乗った所、隣の男性が「命を守ってくれたら50億円あげる」と。 男性、どうも悪の組織から1000億円のダイヤを持ち逃げして航空にに乗ったものの、組織の追手が大挙して航空機に同乗している。 以下完全ネタバレ ・悪人、ハイジャックする ・同乗していた航空保安官、お金欲しさに敵に転ぶ ・他の乗客は、低空飛行の際に全員下ろす ・犯人グループ、持ち逃げ男性、FBI、航空保安官だけの機内で死闘 ・男性と女性FBIだけパラシュートで脱出、敵組は全員山に激突死亡 良い所も有りましたよ。 例えば、女性FBIが妙に正義感で終わらない。 ラスト、パラシュートで降下中の二人。 「どうせ俺達も死んだ事になっているし、一緒にパリに行こう」とか言う持ち逃げ男性に「うーん降りてから考える」とまんざらでは無い感じ。 まあ、降りてから逮捕するか、二人で逃げるかは「視聴者の皆様の感じるままに」って事でしょう。これは良かった。余韻があって。 でもね。そもそも。 1000億円のダイヤを持って逃げた男性が乗った旅客機、どうしてわざわざハイジャックするのか全く分からない。 普通で考えれば、「乗る前」か「降りた時」に確保、拉致するでしょう。 どうして何百人と乗った旅客機をわざわざハイジャック・・・ この設定がそもそも間違いかと。 あと、低空飛行とはいえ、時速何百キロで地面すれすれを飛ぶ旅客機から「膨らました滑り台」で乗客を降ろすが、そんなの全員死にますよ・・ 地上を走る高速道路で時速100キロの車から飛び降りるのでも大変でしょうに。 無理むり。 機内でのかくれんぼ、犯人グループとの死闘や、犯人が墜落事故に見せかける為にフライトレコーダーを偽物と入れ替える所なんかは楽しく見れましたが。 主役の女性FBI捜査官は美女では無かったものの、なかなか味のある女優さんでしたよ。外見的にも。

閲覧数1,686