レビュー一覧に戻る
メットガラ ドレスをまとった美術館
2017年4月15日公開

メットガラ ドレスをまとった美術館

THE FIRST MONDAY IN MAY

912017年4月15日公開

has********

5.0

ネタバレTHE MET Gala 期間中は大混雑

原題<THE  FIRST  MONDAY  IN  MAY 」 邦題「メットガラ」2016  原題は<五月第一月曜日>で メットではなくザメットが The Met/ropolitan Museum of Artの略称 1.アートとファッション 2.東と西の対話 3.アナ・ウィナー 4.映画のインパクト 5.政治とファッション 6.祖国の為のマリエ(花嫁衣裳=マリエ) 7.インスタレーション(取り付け 設置) 8.カルチャーの為に 9.今夜の女王(2014のメインイベント リアーナ) 10.鏡の中の中国(2014のガラのタイトル テーマ) Through the Looking Glass アンドリューボルトン 服飾部門キューレター Thomas Campbell <Director, The Metropolitan Museum of Art> この人のに見覚えがあった館内ガイドの表紙に掲載されてる人、 最近は見てないが公式HPにももちろんいる。 THE METの発信力が優れてるのはオンラインで収蔵品を 見れるだけでなくその画像を無料で”利用”したりできるし SNSもやっていて丁度今年は5月7日で凡そ30枚ほど 公式アカで掲載されていた個人発信等ではタグだけで9000枚ほど。 自慢にするがTHE METの公式アカからイイネを貰ったのは 嬉しかった。(自動イイネアプリもあるが必ず貰ってなかったから 一応選んでるのだろう) ファッションが好きな人 アートが好きな人 THEMETで鑑賞を した人する人ドキュメンタリー好きならMUST見ない理由がない。 バックヤーや搬入通路など部外者立入禁止の場所が僅かとはいえ 見れた、ここまでアートに対する熱の入れようというか 情熱というかその凄さには圧倒された アレキサンダーマックイーン アジア部門と服飾部門の共同企画 ハイカルチャーと大衆文化をミックスさせたのが アナの功績、ヴォーグ誌の編集関係者は殆ど女性というのは分かるが・・ アナのキャラも相当際立ってるが前任者も負けず劣らず強烈 貶す時の言葉が酷い頭の回転は凄いから彼女の持つセンスや 信念や教養等々は日本の無料ネット記事では足元にも及ばない デュレクター部門責任者の男性に中性的な人が多いのは 偶然ではないと思う西欧デザイナーが中国に魅せられる。 ザメット内は西洋作品や古代、モダンとか別れてるが (西洋作品は更に絵画/絵画も更に分類される/や彫像等々と別れるのに) アジアは中国も日本も一緒にされてるそれがミスではない 観客や収集家の興味はその程度で大概の美術館はそのようになってる ファッションアーカイブでYSLのモンドリアンドレスがあった 中国だから政治的な心配をしている 誤解を生む結果になりかねない しかしここまで細かい配慮をして計画してるのだな。 The Met Gala一年間の運営費集めのパーティー 500人を招待 ハリウッドセレブだらけ(音楽界も) 05/中国側のインタビューも優れていて何故今更 明など古代中国ばかり 見て現代の中国を見ないのか?THE MET側も鋭い答えで 歴史に重きを置いているとかファンタジーとか中国文化を賛美してるのだと  切り返す(東洋を食い物にする西洋というステレオタイプ解釈が中国側にある) 06/中国側のアーティストは何故古代ばかりで現代作品を出さないかと 誰もが口にする(モダンアートは解釈が難しく価値もバラツキが大きい) 展覧会が疑問を呈する どう現代の中国を描くのか?中国の美学は? 前に進む唯一の方法は過去を忘れない事。 ファッション面の展示の印象が強いと従来の展示品が注目されない ジレンマが出てくる(コラボが目的なのに) 多くの人はファッションを深く理解してない  物語を伝えていく服の力を 過小評価しているファッションはアートなのか? ごく少数だが有名デザイナーにもインタビューしてるからその肉声と 価値観が聞けたのは貴重、雑誌で写真や勝手な解釈はしてあるが 本人の意見は聞いた事がない。 中国に影響を受けたデザインのファッション(ガラの展示品)は 圧巻 確かにあの正面階段(レッドカーペット)を上がる セレブや女優俳優も豪華だが (イメージと一致したブランドのドレスを着てもらってる) 幸いにも解説が無くとも殆どの顔と名前は一致した。 アートと商業的才能が必要どちらも重要 07/イベントに向けての設置作業を描いてる  あの柱がティファニーだったとは・・ デザイナーやヴォーグのスタッフは物凄くオシャレなんだが ブランドでキメキメのキレッキレッで着こなすという着こなし方ではない 何気ないのにセンスが光ってる ジョージクルーニー夫妻で妻が自分に挨拶しなかったと 関係者が怒るのは笑えた。 ブラッドクーパーの独特の笑顔は男が見てもクール 席次を気にするのはアメリカ人も同じ。 観客は80万人 クールアメリカ?1250万ドル以上の収益 VOGUEのソーシャルエディターCHLOE MALEE この人が美人 ラストシーンはクレジットとオマケの<その後>みたいな流れで

閲覧数697