2017年4月15日公開

メットガラ ドレスをまとった美術館

THE FIRST MONDAY IN MAY

912017年4月15日公開
メットガラ ドレスをまとった美術館
4.0

/ 142

37%
35%
18%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(17件)


  • yok********

    4.0

    ファッションに疎い私でも楽しめました

    まったく、興味のない業界でしたが、とても面白かったです。 ファッションを愛する情熱がとても伝わってきました。 国の保護とか求めず、自らの行動でファッションの価値を保護していく活動は流石は自立精神の高い欧米だと感じました。

  • yrh********

    5.0

    ファッションはアートたり得るのか

    とても興味深いドキュメンタリー。ファッションに疎くても楽しめると思う。 メットガラとは5月にメトロポリタン美術館で行われるアナ・ウィンター主催のファッションの祭典で、狙いは資金集めとファッションの地位向上とのこと。 当日の映像の豪華さといったらない。錚々たるブランドが、選りすぐりのミューズに着飾らせてやってくる。ハリウッドスターやトップモデルたちが渋滞しててレディガガ級でもモブ扱いだから凄い。 映画は2015年の「鏡の中の中国展」の制作ドキュメンタリーとなっていて、キュレーターのアンドリュー・ボルトンを中心に進行する。メットガラはその企画展のオープニングイベントという位置付け。サンローランやディオール、ゴルチェなど一流メゾンたちの協力を仰ぎ、ウォン・カーウァイが芸術監督という豪華さである。 とにかく課題山積で人ごとながら胃が痛くなる。まず題材がセンシティブで下手をすると人種差別と捉えられるリスクがあり、国際問題になりかねない。案の定中国側は政治的な問題を絡めて懸念を示す。 美術館の中でも、アンドリューら服飾部門とアジア美術部門では意見の食い違いがある。「ファッションはアートたりえるのか?」が映画の一つのテーマであり、伝統的なアート業界ではファッションをチャラチャラした軽薄なものとして一段下に見る風潮があるらしい。面白いのは、デザイナーたち自身もまた、自分たちをアーティストと呼ぶことを好まない点だ。彼らは口を揃えて「私たちは芸術家なんかじゃない。ドレスメーカーである」と言い切る。職人の気概を感じるが、美しいドレスの数々は見る人や着る人の心を動かす。これも芸術だよなぁと思った。 納期遅れなどのトラブルもある。そして当日の席順決めがこれまた一仕事で、アナ自らが采配する姿に大変だなぁとしみじみする。一般人の結婚披露宴だって面倒なのに、一流メゾン・一流スターだらけの席次決め、出てくる名前の豪華さについ笑いつつ、その気苦労を思うとこれも胃が痛い。 数々の苦労を乗り越えて、ガラと展示会は大成功を収める。「大成功したアレキサンダー・マックイーン回顧展を超えろ」が合言葉だったらしいが、実際にマックイーン回顧展を超える動員数を記録した。 「鏡の中の中国展」をじっくり見たい。映画の中でも少し映るけれど、解説付きでゆっくりと見たいと思った。 また、アナ・ウィンターは「おっかない人」というパブリックイメージだけれど、仕事風景を見るとただ普通にボスとして采配しているだけに見える。映画の中でご本人も「私は迅速に仕事を進めるのが好きです。威圧的と言われるのは残念です」と仰っていた。本作のロッシ監督が「もし男性が同じ振る舞いをしていても怖いと噂されはしないだろう。彼女を見る世間の目にジェンダーバイアスがかかっているのではないか」とインタビューに答えている。 様々なプロの仕事人を見るという意味でもとてもおもしろい作品だった。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレセレブらを 集めて囃し 衣装ガラ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • サラ

    4.0

    ファッションの最高峰

    毎年美しいセレブのドレス姿を見るのが楽しみな祭典。オーシャンズ8でも豪華でしたね。アナさん自らテーブルの席決めに指示を出すのですが、来席者全ての関係性を把握しているところが凄い!来て欲しくない人もいるのか。レッドカーペットを上った後はデザイナーの展示を見て、会場入りなんですね。メトロポリタン美術館は絶対行きたいです。

  • has********

    5.0

    ネタバレTHE MET Gala 期間中は大混雑

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bar********

    3.0

    美しさはわかりますが……

    メットガラ。 ニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催されるファッション美術展の様子を追ったドキュメンタリーです。 まずは「ファッションはアートである」と語られていきます。見事な服飾。その概念の奥深さ。我々は思考しながらでなければこの映画を見ることはできないと思います。 ですが、私は「ファッションはアートである」ということを、どう捉えるべきか、見れば見るほどわからなくなってしまいました。この映画の趣旨がどこか自己顕示的だからです。 まずですね、「ファッションはアートである」と語るその人となりといいますか、口ぶりといいますか、どこか威圧的に感じられました。つまり、「どうしてファッションはアートなのか?」という疑問があって然るべきなのですが、この人たちはそういった質問を抱くべきではない、ファッションはアートだ、それを認めないのは19世紀的な人間だ、と決めてかかっているように感じられました。 私自身、「ヴァンクリーフ&アーペル展」を見たこともありますし、京都の織物などを見て色彩が素晴らしいと感じたこともあります。ですから装飾品が芸術たりうるのは全くその通りだと思いますが、この方たちのように、無批判で芸術であることを示そうという気は全くなく、「なぜファッションはアートなのか?」という思考をすることが有意義なことだと感じています。 ですがこの映画ではそういった方向性は存在せず、無批判に「ファッションはアート」と前提を作り、そこから話を進めていきます。 こういった流れはあまり好きではありません。「なぜファッションはアートなのか?」という疑問を抱くのは、ファッションを知らないからですし、そういった方々のためにドキュメンタリーがあると思われるからです。この映画は、早々に門外漢を締め出してしまいます。そうして何を語るかと思えば、自分たちがどれほど大変で、どれほど有意義な仕事をしていて、どれほど語るに値するものを作っているか……ということばかりでした。 こういった矛盾がわからない人たちなのです。語れば語るほど、彼らに対する信頼が失われていくことがわからないのかと……残念に思います。 私は、「ファッションはアートであり、彫刻や絵画と同じだ」と語気を強くしていうよりも、「ファッションは彫刻や絵画とは性質が異なる芸術の一部門だ」と言った方がより正確だと思いますし、ずっとストレートに伝わったと思います。 ファッションは鑑賞方法が彫刻や絵画と異なりますし、その意味も全く違うと思います。その異質性を等閑に付したまま、声高に賞揚しても、何も伝えたことにはならないと思います。彫刻や絵画を見るときの気持ちと、ファッションを眺めるときの気持ちはまったく異なると思います。そこをしっかりと考えなくてはならないと思います。 そういったことを教えてくれるドキュメンタリーでなくてはならないのに、美術展を開くためにどれほど苦労したかとか、どんなに人が集まってどんなに注目されて、どんなにお金を集められて美術館の経営に貢献したかとか、そんなことは些事とすべきであり、本気でファッションをアートだと思うなら、決して語ってはいけないことだと考えます。 成功については、ターゲット層が他の美術展と異なっていることが要因にあることは疑いとして残りますし、そもそもセレブ層が集結している様子はその疑いを強めるものだと思います。 「なぜファッション(fashion = 流行)が、永遠の価値を持つアートに所属するのか。それはどのような意味においてなのか」を真剣に考察しなくてはなりません。どのように我々の意識が変貌したのかも併せて語られる必要があると思います。「ファッションをアートから除外する人間は19世紀的だ」と言うならばです。 私は『ディオールと私』というファッション・ドキュメンタリーを見ましたが、これは非常に素晴らしかったですし、とてもスマートで美しく、ファッションに興味がある人は是非見てほしいと思う、クオリティの高い作品です。 『ディオールと私』は、「これを着る人のために、我々クチュリエがいる」というハッキリした意義があり、お客さんのために、という目的意識が清らかさと統一感を与えています。しかし、この『メット・ガラ』は、いかに我々ファッション展を企画する人間が闘い、驚嘆すべきことを成し遂げたか、という自己顕示的な作品になっており、評価はそれ相応のものになって当然ではないかと思われます。 この作品は、装飾品の美しさが多少見れるというだけで、あとは特筆すべきことのない凡作だと思います。ファッションに興味を持つどころか、逆に反感を抱きやすい内容になっていますので、これでファッションを嫌いにならないようにしていただきたいです。

  • ris********

    5.0

    メトロポリタン美術館に行きたい!5月に

    高い志をもって仕事に取り組んでいる姿はカッコいい!

  • ass********

    3.0

    ピラミッド

    素晴らしいのは納得なんだけれども、なにか物足りないというか場違いな感覚。 ファッションに理解が無い訳でもないけれど、なにか。 観終わって数日考えたらなんとなく解ってきました。 最初はアナ ウィンターのワンマン経営のイメージ?と、思いましたがそうじゃない。 これはファッションショーでは無く展示会なので、必然的に新人と若手が居ないのだと。ファッションの世間的なイメージは常に新しい事つまり先鋭な独創が光る場所なのに、このメットガラはセレブと大御所に支配されているのがこのイメージの正体なのでしょう。

  • kuma kuma35

    5.0

    ビジネスマン必見

    華やかなイベントの裏側を描いた映画。 ここに至るまでの苦労は誰も知らない。 けれどこの映画が見せてくれた。 困難や試練、うんざりするような困難も 高い志しと忍耐力で乗り越えていく様は圧巻。 なんというリーダーシップ。 多くを学べる素晴らしい映画です。

  • hat********

    5.0

    本質とは何か

    宇都宮にあるヒカリ座で鑑賞。 一言で言えば、最高でした。 ファッションをアートと捉えるのか??ファッションは物語がないと、進化し続けられない。 アナウィンターはじめ、たくさんのデザイナー、アーティスト、キュレーターの言葉が宝石のようにキラキラと輝き、ものづくりとは何かの本質をさぐる。 一方的ではなく、双方向に。ただ、論義はしなければならない。 仕事は、ある意味で戦っていかなければいけないのだと感じました。 ウォンカーウァイ監督の一言、身にしみます。 本気で仕事するって最高。 仕事に誇りをもっているそれぞれが、ぶつかりあっていて、それはもう美しいです。

  • kinako3696

    5.0

    これは観ないと損するだけ

    このような素晴らしいイベントの裏側を覗けるだけで幸せだし、人間にとって特別なこと。 キムタクとか浜崎あゆみは自分のことをここに招待されることが当たり前に思ってるだろうけど、お前らアホか? なんてこと想像してニヤケてました。 しかし、何もしてないのに、こんなに裏側を見せていただけたことに感謝です。 世界は広いですね。 あと、世界の中心に中国があることだけは間違いないですね。 才能ある若者は、1日も早く日本を捨てて世界に旅立って欲しいです。 最近、なんの映画を観ても、日本に未来がないことを感じてしまいます。 10年前はこんな感覚なかったんだけどな。

  • nyh********

    3.0

    学芸員向け

    セレブの豪華な衣装とメトロポリタン美術館のコラボを期待して行きましたが、 2年もかけて作ったというポスターの黄色の豪華な衣装はサラっと流しておしまい。衣裳も芸術、というのなら、もっと衣裳にクローズアップした演出がよかったのではないでしょうか。 いかに苦労してこのショーを創り上げたか、という裏話が長くて単調で、残念でした。

  • royalりかこ

    4.0

    主役はアナに非ず

    サンローラン似のキュレーター氏。 惜しげもなく きらびやかな セレブが わんこそば状態で たくさん出てくる。 ファッションを多少でも 勉強する人には 歴史的な ドレス達が どのように保存 展示されるのかが わかって 、興味深いでしょう。 「ファッションが教えてくれること」 「ビル カニンガム&ニューヨーク」 カリーヌ・ロワトフェルドの ドキュメンタリー … を楽しめた方は必見です! 「プラダを着た…」を好きな人には うーん、どうなんだろ ?

  • 映画大好き

    5.0

    ステキ!!!

    この手の映画は大好き! パワーを貰える気がして、前向きになれます! 素晴らしいアートの連続と、それを支える人達!ステキでした!

  • jac********

    4.0

    質の良いドキュメンタリー

    世界三大美術館のメトロポリタン美術館。そこで開かれる展覧会のメットガラ。2015年の展覧会「鏡の中の中国」の裏側に迫ったドキュメンタリー。 ファッションは美術館で忌避されてきた。ただの実用品・ビジネスとみられてきたのだ。しかし、ファッションはアートになりつつある。そのコンセプトや用いられる技術は絵画などとそうそん色はないし、デザイナーの一点物のドレスの鮮やかさと存在感は、芸術品と何ら差はない。 それにしても、メトロポリタンでの開催だけあって会話のレベルが高い。中国の展覧会といっても、それが東洋に対するイメージの押し付けであってはならない;これはサイードのいう「オリエンタリズム」である。中国側が、なぜ明時代の作品をとりあげて、モダンな中国のアートはとりあげないのか?と難色を示すところは面白い。文化大革命や民族問題のある中国では、いたずらに過去の歴史にふれるのはご法度だ。アナ・ウィンター(「プラダを着た悪魔」の編集長のモデル)が、1949年前後で中国は断絶しているのよという指摘し、一方でウォン・カーウァイは、新しい創造には過去を踏まえる必要があると説く。ここらへんのコンセプトの構築の大変さは素人だとなかなか知りえない部分だ。 本当にファッションの展覧会の舞台裏に迫った貴重な資料だと思う。美術館やファッション、アートに興味があれば楽しめるだろう。

  • j9i********

    4.0

    「鏡の中の中国展」すごーく観たくなる

    故アレキサンダー・マックイーンの回顧展を成功させた気鋭のキュレーターが、いつまでもマックイーン回顧展と比較されるのにうんざりして、新しくメットで開催される展覧会をマックイーン回顧展以上のものにしようと奮闘する話と、そこに被さる「メット・ガラ」たるメットの服飾部門の資金調達のためセレブチャリティーパーティーを主催する「VOGUE(ヴォーグ)」のアナ・ウィンターの活躍をみるドユメンタリーです。 私は、キュレーター、アンドリュー・ボルトンの仕事にとても共感を持ちました。感性を他人に共感してもらうことは難しいことです。彼の思い描く展覧会の姿が、難関を前にいくつかの修正を余儀なくされただろうと思うと、ねぎらいたくなります。(若干今、自分が仕事で修羅場っているせいでもある) 展覧会は「鏡の中の中国」です。 ハイファッションの中でも、名作な服の多くが、中華文化やチャイナ服から多くのインスピレーションをもらっているので、当然、そのインスピレーションの源たる中国美術なども対比として展示します。 展覧会の趣旨から借りうける中国美術品に対し、メットの中国美術部門に、美術品を際立たせろみたいなこと言われたり。(いや、だから、今回は服がメインだっていってんじゃん。) 中国サイドから、なんで古代の壺や、服飾装飾品ばかりで今の中国のファッションを取り入れないんだって言われたり。(いや、だから、そこからインスピレーションもらってんだからしょうがないじゃん。) 中国サイドの苦言に対するアンドリューとアナの言葉はよろしいです。 ”今、作られてないじゃん”。 ”この人たちには1949年以前が存在しないのよ” まぁ、文化大革命で人類史的に最悪なことやらかした民族ですからね。 でもまぁ、毛沢東を並べるのはよした方がいいと私も思いました。 ファッション好きは、もちろんアナとヴォーグ軍団の活躍にくぎ付けですね。 席決めは悩ましいよねぇ。 ちなみに、いつもピシッときめきめファッションで、ピンピールにスダバカップ片手に闊歩するアナの姿ですが、今回の目玉は、私的には、アナの自宅姿!ぺたんこ室内靴にジーパンとトレーナーだよ。(娘似てないね) 映画は好きだけど、ファッションには特に興味がない人でも、少しは興味が持てると思います。 なぜなら、映画には衣装というものがあります。 今回、展覧会の映像部門に映画監督チャン・イーモウを据えました。 「花様年華」のマギー・チャンの首の長さとチャイナ服姿にうっとりした人も多いはず。「さらば、わが愛/覇王別姫」の衣装に圧倒された人も多いはず。 その他、ファッション界にインスピレーションを与えた映画映像が多数登場します。 そして、メット・ガラ本番。 アカデミー賞のレッドカーペットどころでない圧巻の著名人たちのファッション。もちろん、映画好きには興味津々の役者連中も豪華絢爛な衣装で練り歩きます。 しかも、美しく着飾った紳士淑女が笑いさざめく映像に被さるのは、ナット・キング・コールの名曲。さすが美に関する映像作品です。 〆がリアーナの歌ではちょっとね。 もう少し、キュレーターサイドの仕事を見せて欲しかったですが、思い返せば、この作品は、服飾という分野への企業文化奉仕活動をみせるものでした。アナの仕事ぶりが目立つのはしょうがなかったですね。 それにしても凄いですね。門外漢もVOGUEを単なるファッション雑誌と思ってはならんと改めて思いました。VOGUEが自分に課した使命に感服です。 (蛇足) 私はファッションには疎いしセンスもないし、ハイファッションなんて生涯縁がないですが、なぜか「ファッション通信」という番組と故大石順子氏の解説が好きでした。今度こうゆうのの廉価品が下々のところにくるんだろうねぇ、なんて思いながらときどき見てます。今回、ジョン・ガリアーノが登場しててびっくりしました。ユダヤ人差別発言で追放されたのにずいぶん前に恩赦でたんですね。ディオールのファンタジックなショーの最後にナルシーな扮装で登場するガリアーノがいつも楽しみでした。

  • tai********

    5.0

    ネタバレ「衣服は説明なしに壁を越える」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中