2017年4月8日公開

ブルーハーツが聴こえる

1592017年4月8日公開
ブルーハーツが聴こえる
3.0

/ 245

17%
19%
24%
24%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(30件)


  • 1.0

    ネタバレえ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nor********

    2.0

    ネタバレブルーハーツどこへ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ayu********

    2.0

    ながいー

    1001のバイオリンと少年の詩がまぁまぁくらいで あとはみてて苦痛だった。

  • akj********

    1.0

    ブルーハーツに謝罪しなさい。福島にも。

    物語がしょうもないので、ブルーハーツをディスっているとしか思えない映画。ブルーハーツのファンで寄付してあげた人たちは作品の出来を見てどう思っているのだろうか?お金の無駄としか思えない。観る価値無し。ライブ映像のタイトルをパクッておきながら、ブルーハーツ一切無関係の内容。「ハンマー」←尾野真千子がハンマーで叩き壊している場面と口パクのバンドがハンマーを歌っているだけの酷過ぎる作品。「人にやさしく」←市原隼人がサイボーグ役なのだが、ハリウッドスターのような佇まいが見どころ。宇宙で船外活動をしている場面で人にやさしく♪ガンバレーが流れたので笑える。「ラブレター」←斎藤工が冒頭のセリフで、ロック題材に脚本書けって無理だよな~と呟いていたので、この映画の企画そのものが失敗だという事を認めている作品。「少年の詩」←新井浩文が嫌がる優香に交際をしつこく迫る場面があるのだが、どうしてもあの事件を思い出してしまう。演技じゃなくてもこういう人だったのかと思われそうな作品。「情熱の薔薇」←タイトルはカタカナ表記で、曲が流れている時は英語の歌詞字幕が出る。映像が良くて永瀬正敏も良かった。唯一まともな作品。ブルーハーツに捧げるのはこれだけで良いと思う。「1001のバイオリン」←豊川悦司の東北弁が良かった。他のレビューでも書いたが、この監督は反日なので予想はしていたが差別的な演出が酷かった。東京オリンピックの垂れ幕に小便を掛ける、福島原発の汚染水処理を伝えるニュースで高笑い、福島原発被害で生まれてくる子供に指が無いという夢を見る、賠償金を沢山貰っているだろう、等々、ブルーハーツ以前の問題で、福島の人々に謝罪しろと言いたくなる腹立たしい作品。犬探さないで仕事探せ、とか発言があまりにも酷過ぎる。実際に飼い犬を亡くした福島の人に失礼だと思わないのだろうか。ラストで豊川悦司に犬の遠吠えをさせて笑いを取ろうとしているのだが、ソフトバンクのCMと同様で、日本人を侮蔑する意図がある為、(犬のケツ穴から生まれた日本人の意味)この監督の反日映画でしかなくブルーハーツ一切関係無しなのである。エンドロールは「青空」の映像で「青空」の曲が流れるだけ。

  • アサシン

    1.0

    支離滅裂

    キャストがやたら豪華だが、切り貼りみたいにちょい出して、筋も有るのかどうか、優香と斎藤工だけ存在感あるので覚えてる、出てたの。

  • no_********

    1.0

    クソ面白くない

    キャストが豪華なだけで、マジでどのオムニバス作品も面白くない。ブルーハーツが昔から大好きでワクワクして観たのですが、ブルーハーツの良さが全て台無しになるほどの薄っぺらい作品ばかりで全く面白くない。

  • cro********

    1.0

    108円と時間をムダにしたと思える作品

    色んな監督がブルーハーツの名曲から映像を作った作品 …とは名ばかりでブルーハーツの名前を借りただけで各監督が自分の好きな映像を撮っただけの作品 21分~35分くらいの短編が全6作品入りで それぞれ毛色の違った作品が観れます ブルーハーツの曲として観てもブルーハーツ関係ない作品として観ても退屈の一言 20分がこんなに苦痛だと思えるのは久しぶりでした (実際2作品以上一気に観るのが辛くて3日にわけて見終えました) ブルーハーツ好きで観ようかなと思う人は 「ラブレター」 高校時代片思いしてたけど事故死した女の子を助けるために 突然トイレに吸い込まれて過去にタイムスリップして 両手がハサミになった女の子を助ける主人公の話 を許容できるなら観ても問題ないと思います (井口昇作品って言えば大体そんなですけど) 108円のレンタル代すらもったいないといえる作品でした (今年観た作品の中ではワーストかもしれません) よかった点 ・「ハンマー 48億のブルース」のセリフのテンポのよさとセンスのよさが面白かった くらいしか思い浮かばないかな… 個人的にワースト作品は 「ジョウネツノバラ」です ブルーハーツ関係なくそれぞれの監督の作品を観たいって人には薦めれるかもしれません 井口昇とかは特に 追記.レンタルで観るとスキップできない新作宣伝映像が11分くらいあるので それを強制的に観ないといけないのも余計に苦痛でした

  • Furotaki

    2.0

    ネタバレ今すぐ俺に誤って。マジで。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    聴こえたり、聴こえなかったり

    「ハンマー」同棲相手の浮気現場を目撃した一希(尾野真千子)は、職場の先輩やアルバイト高校生と話しているうちに。 「人のやさしく」流星群に破壊された囚人宇宙船。囚人同士のいさかいの中、男(市原隼人)は皆と違っていた。 「ラブレター」自身の高校時代を題材に脚本を書いていた大輔(斉藤工)は、事実と違う物語に変えようとしたらタイムスリップ。 「少年の詩」かぎっこの健と母(優香)。健は、職場の同僚に言い寄られる母を目撃してしまう。 「ジョウネツノバラ」女性を亡くした男(永瀬正敏)は、彼女の遺体を持ち去り保管する。 「1001のバイオリン」原発事故で福島を離れた達也(豊川悦司)は、置き去りにしてきた飼い犬を探しに福島に戻る。  コメディ、SF、PV風、ドラマありとバラエティあるオムニバス。  ”ハンマー”は振り下ろされるテーブルの上に。  ”人”類にやさしく。  書かなかった”ラブレター”脚本にしたら。  パパはいない少年。まだナイフは持っていない。  いつまでたっても変わらない、そんなものあるだろうか。  ”チェルノブイル”とは違う

  • agu********

    3.0

    いぐっつぁんの作品いいね

    数年ぶりに井口作品見たけど、らしさ全開で良かったわ それ以外は、坂口拓が出てる4つ目を見たけどいまいち

  • zer********

    2.0

    曲と合ってない

    曲と内容があってないのが一番の問題。 唯一豊悦の話は良かったがそれでも曲と合っていない。 豪華キャストがもったいない。 斎藤工は良かった。

  • ていく

    2.0

    頭の2作品は観なくて可

    頭の2本は観る必要がありません。 DVDの場合はチャプターで飛ばして下さい。 他のレビューにあるように企画者の「オナニー企画」です。 頭のダメ作品以外の付き合った監督たち、お疲れ様でした……。

  • efd********

    3.0

    ネタバレブルーハーツに惹かれて観ました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    6話6曲

    曲との関連性は少ない、夫々の話の最後に流れるけど。 ハンマー 浮気が判ってる同棲相手、それを相手に言えない苛立ちがハンマーで家具を壊す行為に、その物語と直接関係ない女子高生と雇い主との現代風の独特の会話が面白。 人にやさしく 優しいのは人ではなくヒューマノイド、自己犠牲が切ない。ロケットを見つめる寂しげな目。 ラブレター 情けない過去を変えたい男のタイムスリップ。消化不良のコメディか。 少年の詩  母親に言い寄る男を嫌うヒーロー気取りの子供の心情、切ない。 じょうねつのばら 死んだ妻への執着、体に。なんか気持ち悪い、溶けた氷が涙に見える、その一瞬の映像だけ美しい。 1001のバイオリン 三年前に捨てた犬を再び探す、ほとんど病的。

  • gol********

    1.0

    ネタバレブルーハーツ関係ある?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pop********

    5.0

    私は好きです

    1編約30分で6本のオムニバス映画。 6本とも監督が異なり、ブルーハーツの楽曲からイメージを膨らませて、監督それぞれのカラーを出している。 決して楽曲の内容をそのまま映画化したものではない。そこは勘違いしないで欲しい。 「ハンマー」・セリフのテンポが小気味よく、主人公より脇を固める俳優陣に目がいく。 「人にやさしく」・高橋メアリージュンがとても印象に残る。こんなにいい女優さんだとは思わなかった!最後のシーンが切ない。 「ラブレター」・ホラーの井口監督の実話エピソード?が交じるストーリー。学生時代の甘酸っぱい恋が甦ります。斎藤工と要潤の学生時代の姿に注目! 「少年の詩」・子役の男の子がかわいい。母親を想う子どもってこんな心境なのか…そうだよなぁ…と納得。 「情熱の薔薇」・セリフ0だけに永瀬正敏の演技が際立つ。生活音が切なさを増す。後半のシーンが衝撃的だった。 「1001のバイオリン」・震災による福島の原発事故で東京に避難してきた家族の物語。三浦貴大がいい味だしてる。素材は好青年なのに、この映画ではだらしない作業員役。この人がいたから良かったのでは?

  • nob********

    5.0

    ぜひ 見てください 感動します

    短編ですが中身が濃く6本ともすごく良かった。しばらく聞いてなかったブルーハーツをまた聞きたいと思いました。人にやさしくの下山監督の映画は自分だったらできるだろうか・・・と考えてしまうし、永瀬さんと水原さんの出演する言葉のまったくない映画も見所です

  • paopao

    2.0

    映画タイトルが全く持って意味不明

    曲に合うテーマで6話オムニバス。が、うーん...曲は好きだが映画内容は曲のテーマと重なっているようには思えないストーリーではこじつけにしか感じません。それぞれの作品自体は面白いだけに、ブルーハーツの名を語る意味が分かりませんね。騙された気分でで残念です。

  • T

    4.0

    個人的見所は、、、

    一番面白かったのは、斎藤工の『ラブレター』 しかし、一番の個人的見所は、グラマーなブラジャー姿で煙草をふかす『ハンマー』の尾野真千子。セクシーでカッコ良くて。 演技派女優の意外に大きな胸、深い谷間にドキドキしました。

  • asu********

    3.0

    ファンだから

    ファンだから見に行きました。好意的に観てしまうから評価はしにくい。 人にやさしくは、??でした。短編だから仕方がないのか?

1 ページ/2 ページ中