2017年4月8日公開

バーフバリ 伝説誕生

BAAHUBALI: THE BEGINNING

R15+1382017年4月8日公開
バーフバリ 伝説誕生
4.0

/ 1,015

38%
35%
19%
5%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(142件)


  • t_y********

    4.0

    綺麗で豪華

    こちらはアマゾンプライムで配信されていました。 「王の凱旋」に続けて鑑賞出来、一気に盛り上がった。 「伝説誕生」から先に観たら良かったが、面白いから良しとする(笑) シヴドゥがアヴァンティカに仕掛けた「おイタ」に大笑い。 あり得ないって楽しい!と感じさせる、本領発揮に拍手。 そして、王子二人が並び立つ感じで非常に立派。 2体で対だし、あたかも寺の仁王様が人間になり動き出したよう。 私の好みですが、バラーラデーヴァー役のダッグバーティさんとても素敵。 バーフバリとバラーラデーヴァー役、入れ替わっても面白く出来たかも。 バーフバリ2作品で、私の頭はお祭り状態の1週間だった。 あ~楽しかった♪

  • zem********

    5.0

    観られれば観て!

    凱旋を先にみてからの誕生ですが、正直、凱旋だけでも理解できますが、こっちを観ておくとよりすんなりと気持ちよく物語を楽しめます。 凱旋のためにいろいろと犠牲にしちゃったかなあ感がありましたが、私の鑑賞順番のせいでしょう。 こちらもバーフバリがカッコイイのです。

  • mador

    5.0

    昔見た

    映像、音楽が特に良かった 歌と踊りが気に入って、毎日のようにYoutubeで見返した。

  • muk********

    2.0

    せっかくの感情移入が

    前半すごく良い。主人公と思って観ていた青年の活躍を最後まで観られると思っていたら、急に始まるバーフバリの話。顔も同じだし、何が始まったかちょっと混乱しました。前半と違う人物に急に焦点が当たり、せっかくの感情移入が宙ぶらりんになって冷めました。冷めてからが長い。 なんかバーフバリの凄かったのは、語りくらいにして、主人公の活躍が見たかった。 それか、バーフバリこそ主人公と言うなら、息子の活躍要らないでしょ。 どっちつかずで良くない典型だと思いました。

  • tai********

    3.0

    父親で1作、子供で2作目の方がわかりやすいと思う

    過去と現代の2部構成を2作品に分割して上映しているので、1作目は長い回想シーンだと思った。 話自体は神話、おとぎ話をそのまま絵にしたようで、最初は呆気にとられていたが、見続けていると面白くなってくる。

  • aka********

    5.0

    インド謎

    マニカルニカも最高でしたが、これもよかった!!馬鹿馬鹿しいボリウッドものも大好きだけど最近のインド映画こういう戦国スペクタクル系は素晴らしいのですね。独特のクセは言うまでもなく、男性はもれなく濃すぎて慣れるまで誰が誰だかわかりませんが、相変わらず女優さんは美しい人多くて見飽きませんし。戦闘シーンもド迫力で映画館で観たかった。

  • 風よ吹け

    4.0

    典型的な貴種流離譚

    遅ればせながらという感じでCSで放送したのを録って見ました。なのでいわゆる「国際版」というやつです。それでも十分に長く感じましたけど。 これ以上ないというぐらいベタな貴種流離譚。時間の飛ばし方が豪快なのでテンポよく進みますね。まだ若いはずなのにヒゲ面でおっさんぽく見えるのはお国柄ですか。 個人的には序盤の滝登りの天女の歌が一番面白かったかなと。翻訳の言葉のチョイスもよくできているし、蝶が集まって人になるとか胸熱。あと、いたずらで相手の気を逸らしている間にタトゥーを描くところかな。 後半はそれほど意外性はなくて、アクションとかモブシーンとか、頑張ってる感じだけど、途中で急に先代の話に遡って、それがすごく長く感じました。「300」みたいなバトルシーンが続くのは、やや既視感。戦術や武具の時代考証とか、どのくらいやっているんだろうか、と思ったり。

  • tks********

    3.0

    「サーホー」からのバーフバリ

    「サーホー」からのバーフバリです。 サーホーよりもバーフバリが面白かったというコメントを散見して期待が高まり過ぎたのか、そこまでの感動はありませんでした。 出だしはなかなか良いのですが、いかんせん長い。長すぎる。 しかもこれはあくまで前編に過ぎないとは、長いにもほどがある。 後編を見る気にはなれませんでした。

  • pon********

    1.0

    よけいなことしゃがって。

    国際版?完全版? ふざけた編集しやがって 唐突のダンスの挿入で話題になった筈なのにそれを抜いて国際版って。 ダンスのないインド映画が増える傾向みたいだったが、なんでもかんでもアメリカナイズすりゃいいってわけじゃねえだろうよ。 これをやっちゃお終いよ。

  • yab********

    3.0

    終わり方に難あり

    映画の終わり方が連続ドラマになってる。・・・続く になる。 映画として終わるなら王妃救出劇までと思う。 映画自体はキングダムとスターウォーズを足した感じ。 女優さんがすごく綺麗で日本人好みではないだろうか

  • jun********

    3.0

    うーんCGとか進んでいるのはわかるんだけど

    なんかインド映画って感じなのはうまく消化できないな。

  • 多分映画好きなおばさん

    3.0

    RPG

    RPGゲームのドラク○のような序盤です(笑) これがけっこうダラダラしていて、諦める人も案外いるかも知れません。 ですが、後半まで見続ければ、ギリシャ戦争的なものの中でも、素晴らしい出来ばえで、エキストラもその戦い方もスピード感溢れて素晴らしい。 あと、違う意味で、インド映画と言えば、踊るのが好きという思い込みから お、踊るのか?踊るのか?あぁ…( >Д<) とギリギリ踊らない感じに、踊りたいのに、絶対みんな我慢してるのでは? という、勝手な妄想で、個人的にドキドキしました(笑)

  • ksk********

    4.0

    キャッチコピーに偽りなし

    映画好きにお勧めされてAmazonPrimeで視聴。 同じインド映画の「きっと、うまくいく」と同様、世間でとても高評価である。 「きっと、うまくいく」はヒューマンドラマ、こちらはアクション大作とのことで、 ガラッと雰囲気が変わって気軽に楽しめる内容だった。 ストーリーとしては、王道そのもの。 (おそらく高貴な血筋を持った)赤ん坊が、村人に拾われて成長し、途中ヒロインと巡り合いつつ 大いなる因縁と使命を辿りながら国を動かす戦いに巻き込まれていくというもの。 口コミでは、細かい理屈や難しい読み解きは不要!とにかくこの強さを感じろ!的なお勧めが多い。 確かに迫力がある演出と、超人的なエピソードに触れていると、嘘でしょ笑と感嘆の声をあげるばかりになってしまった。 ただ、人間なのか?特殊スキルを持った神様的存在なのか?主人公が超絶スーパーな身体能力を発揮していると、その位置づけがどうしても気になってしまう笑。 ギリギリ鍛えたらこの身のこなしいけるか?と思わせてくれる演出がニクイ。 個人的好みは、バックジャンプをしながら自作の矢を滝の頂上に放つシーン。 後半は、主人公が戦に巻き込まれながらも武将として勇猛果敢・一騎当千で戦う姿がしっかりと描かれている。 この映画を見に来る人はこの戦シーンがお目当てなのだろう、展開も含めて大迫力だった。 屈強な主人公が敵をバッサバッサとやっつける姿は、同じく迫力ある戦闘シーン満載のスリーハンドレッドを思い出した。 戦う相手がやたら蛮族チックなのは目をつぶろう。 欲を言えば、最後の戦いで主人公がより一層人外活躍をしてほしかったが、 やり過ぎると気功波が出てしまいドラゴンボールになってしまうから難しいところ。 精神的な強さも含めた物理的な強さだけで戦いを描き切るのは実は繊細なのかもしれない。 ジェダイの騎士だってピンチになるので、バーフバリだってピンチになるのだ。 ピンチになってからの気迫と激励は、これぞ英雄という姿だった。 そしてもう1つ欲を言えば、本作品1作で完全に完結していてほしかった。。 バーフバリは2王の凱旋まで見て完結とのことで、継続視聴して楽しみたい。

  • for********

    2.0

    コメディなら3

    評価は高いので、個人的には合わなかっただけかも知れませんが、突っ込みどころ満載な事、CGがCGに見えすぎてしまう、突如として始まるミュージカル?等アクション映画を見ているのかどうか不安になりました。  インドの文明の様なものはわかるのですが、世界観が魔法等はなしで物理の世界だと思われるのでCGがより微妙に見えてしまったのかな…。  ミュージカルがないとたぶんストーリーが成り立たないので仕方ない部分もあるが、何回やるの?早送りしたいといった葛藤に駆られました。

  • del********

    5.0

    ノリの良い人は是非観て。

    アクションやストーリー展開は、平たく言うとありきたりなように感じますし、理詰めに観ると本当にツッコミどころも多いです。 けれども、何故か惹き込まれてしまう不思議な作品です。何がそうさせるのかはきっと最早理屈ではない。 そのツッコミどころも「いやいやおいおいww」と楽しめるノリの良い人や、「これはこれで良し」と多様性を受け止められる人には素晴らしい映画なのではないでしょうか。 かく言う私自身インド映画は初めてで最初は癖の強さに首を傾げながら見ていましたが、作品途中で国の民達が「バーフバリ!バーフバリ!」と雄叫びをあげるシーンがあるのですけれども、その頃にはまるで民達の一員にでもなったかのような気持ちで食い入るように画面を見ていました。バーフバリと言う男が本当に格好良いです。ジャイ!マヒシュマティ!! この映画に関してCGが粗いとの声も見受けますが、個人的には粗いのではなく、あえてと言うから世界観の見せ方の一つなのでは?と受け止めています。

  • swo********

    3.0

    ツッコミどころ満載wwだけど面白いw

    自分はそこそこ楽しめました! 日本人の感性では受け入れづらい部分やよく分からない部分がちょくちょくあるから、名作とは到底言えないけどそこそこ楽しめる良作では有ると思う。(アクションシーンは良い) ただ、映画の物語をありのままに受け入れられる人には楽しめるしけど、映画にリアリティや、しっかり考えられた凝った物語を求める人には向かないかな。 多分インドでは宗教の影響が強いから、どんな逆境もものともしない、分かりやすい強くて絶対的なヒーローってゆう方が受けが良いんだろうね。 そうゆう所は最近よくある、なろう小説やコミックスの俺TUEEEEE系の作品と似てる。 ちなみにインド映画特有の歌って踊る要素は前半部分に集中してて、ラストに近づくほど歌って踊る要素は無くなっていく。(その代わりアクションシーンが増える)

  • tmk********

    2.0

    期待外れ

    評価高かったので観てみたがハリウッドに比べるとお粗末な作りになってて萎えるシーンがいくつもあった。1番気になったのはひとつの場面で夕方から突然昼間になって事。えっ?!急に明るくなってビックリ。つながらないやん!ってひとりで口にして突っ込みました。あと、インド映画特有の展開や音楽やダンスに付き合わされるのは苦痛でした。ディズニーみたいサラッとやってくれればいいのにとにかく長くてしつこい。おそらくインド人には見せ場のひとつなんでしょうね。 戦闘シーンはかなりお金をかけていて1時間くらい続きます。ただ、ただ、ただ、クドイ。もうバーフバリが最強過ぎて悪い意味で安心して観れるからまったくヒヤヒヤやドキドキはなくバーフバリを応援できない。なんやったらもういいから解放してくれ〜って思いながら観てました。 続編まで観てひとつの映画ですが続編を観るのはかなりの心のメンテナンスが必要。 評価は2.5

  • tsu********

    2.0

    辛口で

    辛口に言うとハリウッド映画でいくつも作られてきた歴史スペクタクル映画をインド版にした感じ。「きっと、うまくいく」より興行収入良かったとのことで期待したが、、、インド映画の勢いは感じた!

  • yok********

    4.0

    何もかもが強引で圧倒的

    本当に何もかもが強引で圧倒的で面白かった。音楽もいろんな曲をパクッてよい感じに仕上げてる。映像もそう。ラストなんかマッドマックスやん。けれど、それも許せるぐらい強引で圧倒的な演出。他では観られない面白さでした。

  • ********

    3.0

    どういうテンションで見ればいいのか

    序盤から低予算ドラマのような妙なノリにくじけそうになった 映像も撮り方が独特だし演技もわざとらしく慣れない しかも吹替え声優も三軍四軍でそろえたのか?という微妙さ 内容はストーリーどうこうより、とにかくあのテンションについていくのが大変 特に前半はBGMにしてはうるさすぎる歌が頻繁に流れる そして前半とは話もテンションもつながらない後半 圧巻の戦闘シーンは見応えがあった 布集めの成果がなかなか面白く良かった 主人公の人物造形はあまりにも王道、それを強調させすぎているのが気になる たぶん、劇場で見ていればあの戦闘シーンだけでもかなり満足を得られたんじゃなかろうか 家で見る分にはストーリーにも見応えを求めてしまい、いまいちな印象になってしまった いろいろほったらかしなまま終わってしまったため、一応続編も観たいとは思う

1 ページ/8 ページ中