ここから本文です

エクストーション 家族の値段 (2016)

EXTORTION

監督
フィル・ヴォルケン
  • みたいムービー 32
  • みたログ 137

3.39 / 評価:93件

船の運転ってそんなに簡単かなあ~

  • bakeneko さん
  • 2017年3月29日 14時24分
  • 閲覧数 1125
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

カリブ海でのバカンスを愉しみに来たアメリカ人医師夫婦と小さな息子が遭遇する生命の危機を、見知らぬ土地で孤軍奮闘する父親の妻子救出捜査アクションでハラハラさせる“観光地サスペンス”の力作であります。

カリブ海で家族クルーズ中に船の故障で無人島に漂着した夫婦と幼い息子は、衰弱死寸前のところを通りかかった2人組みの漁師の船に助けられるが、漁師達は妻と息子を島に残して夫だけを街に連れて行き法外な身代金を振り込ませる。更に島に戻って妻子を助けると欺いて夫をボロ船に閉じ込めて沈没させて逃走する。必死の脱出で辛くも難を逃れた医師は現地警察やアメリカ大使館が信用してくれないので、一両日以内に独力で逃げた漁師達を見つけ出して妻子が残されている島の位置を聞き出そうと奮闘する…という、逃亡&捜査サスペンスで、同じくカリブ海リゾートに訪れた新婚の夫が行方不明になる「ブライド・ウエポン」を連想させます。
“どうやって犯人の漁師を見つけ出すか?”―を観客も主人公と一緒に頭を絞って考えるタイムリミットサスペンスで、言葉も通じないし卓越した戦闘能力も持たない医師の死に物狂いの疾走に手に汗握る展開となっています。
ただ、同時期に公開されている「逆行」がラオスでのアメリカ人の逃亡サスペンスで描いた様に、“アメリカ人優位視線”で語られている面があって、妻子を救う為とは言え現地で殺人&窃盗&公務執行妨害…等、手段を選ばず大暴れする主人公に、“アメリカ人は何をやってもいいのか?”という印象を受ける作品でもあります。

カリブ海の碧い美しい海やリゾート地の風景が美しく撮られている映画でもあり、主人公と共に動き回るカメラワークは、同じく海景の中での絶望的な足掻きを描く海難サスペンス:「オープンウォーター」シリーズも連想させます。

(終盤にちょっと御都合主義な展開となりますが)状況設定と捜査過程をリアルで理知的に描いている、異国で絶体絶命に陥る恐怖感&タイムリミット捜査サスペンス満載の娯楽サスペンスで、治安の悪い国では正規の業者を雇うべきということを肝に銘じる映画であります。

ねたばれ?
1、 現地の老刑事に扮した:ダニー・グローヴァーは上手に現地人に化けすぎ!―最後まで気が付かなかった!
2、 で、最初に借りた船の業者への補償は?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ