2017年4月8日公開

T2 トレインスポッティング

T2 TRAINSPOTTING

R15+1172017年4月8日公開
T2 トレインスポッティング
3.7

/ 1,244

25%
37%
26%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

かつてレントン(ユアン・マクレガー)は、麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。彼が20年ぶりに故郷スコットランドのエディンバラの実家に戻ってみるとすでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。そして悪友たちのその後が気になったレントンが、ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(176件)

笑える15.7%切ない12.9%楽しい11.1%かっこいい10.7%コミカル10.3%

  • mor********

    5.0

    最高!

    おじさんになったユアン・マクレガーと久しぶりにイギー・ポップを聴きたくあまり期待もせず観ましたが。 いやいや、相も変わらずダメダメジャンキーっぷりと、みんなそれなりに見た目は年を重ねてても何も変わってないことに妙な安心感もあり。 とにかく面白くて大笑いさせてもらいました。 セリフもひとつひとつ、なかなか深くて刺さる言葉が多い。 映像のお洒落さと選曲のセンスのよさはさすがですね。 続編はマークとサイモンのコンビも可愛いし、何よりスパッドが最高によかった。

  • mil********

    4.0

    2

    1作があれだけ名作なのにこれだけの時を経ても世界観継続できて尚且更に面白いってゆう数少ない貴重な作品。

  • jmk236

    3.0

    いい意味でも悪い意味でも期待外れ

    <後半、前作の感想になってます。> 数年前、トレインスポッティングの続編が出ると雑誌か何かの記事で読んで、「どーせつまんねえんだろ」と思った。あやふやな記憶では、主人公はしがないサラリーマンやってる設定だと書いてあった。 どうせ、10年、20年とかの単位で続編作るのって、よくある同窓会的なノリで、全員落ち着いて無難にまとまってしまい、昔を思い出して切なくなって終わるんだろうなって感じでした。 でも観てみて最初に思ったのは、主演の4人のうち2人は現役のイケメンで、1人を除いて全員20代前半みたいなスリムな体形としゃれたファッションを捨てていず、頭のレベルも考え方も、若い頃とさほど変わってないので驚きでした。 顔のしわが増えただけで、子供の学費や健康診断の数値におびえているわけでもなく、都会に働きに出てアクセントが変わったとか、金持ちの社会を知って変にスノッブになったりとか、「20年前の自分なんて他人みたい。なんであんなに突っ張ってたんだろう」的な感覚は皆無です。 刑務所に入ったり、生活保護を受けたり、水商売したりと状況はますます悪くなり、年取ってる分悲壮な感じはしますが、彼らは「性格:若者」なので「自分だったらどんな心持になるか?」を考えたらそこまで不幸せに見えなかったです。 私は主演俳優たちより一回り若い世代で、前作を見た時は青春真っただ中でした(公開後、何年も経ってから観た)。なので、レントンとシック・ボーイを見て「おー若い若い」なんて思ってたんですが、時折ちらつく昔の映像を見て、「誰このイケメン?!」と飛び上がりそうになりました。いくら痩せてておしゃれで美形でも、若い頃とは比べ物になりませんね。俳優は一番美しかった時代を記録してもらえるからうらやましいです。 話は、前作を一通り思い出せるようにいちいちエビソードを前作とシンクロさせています。セリフも同じような事を言わせてるのですが、おじさんが言ってるのでちょっと無理かな?と感じました。何より、私が社会に出て大人の汚らしい面をたくさん見てしまったので、反社会的で自堕落な、暴力沙汰ばかり起こす老けた主人公たちを見ていると昔の悲惨な思いをした時の感覚がよみがえってきてしまって辛かったです。 私にとって、自分勝手で迷惑で愚かで卑劣な人間は常に中高年男性だったので。 「あーつまんねえ、辛え」と思って何度も停止して、日をまたいで分割して観てやっと終わりました。それから数時間後に好奇心で前作を観ることにし、既に疲れていたので数分で停止するつもりでいたのですが、あまりに面白くて一気見してしまいました。 全員、若い!美しい!スピード感があるし、どんなに愚かな事を言ってやっても違和感や悲惨感がない!「若いから」で許される感満載です。 ユアン・マクレガーはこの後、大作にたくさん出て、美形俳優として名を馳せますが、思い出す限り、この人らしい、この人を代表する作品はやはりオリジナルの「トレインスポッティング」だと思います。 これを観て、前作を初めて観て共感していた頃の自分のイメージが人生最高だったと発見したし、年取って経験を重ねて賢くなって何かを成し遂げるだけが良いんじゃないんだよ!と強烈に思いました。

  • sou********

    4.0

    更生、裏切り、因果応報…ヤク中達の20年後

    アンジェラ役のアンジェラ・ネディヤルコーヴァちゃん、好きなルックスだわぁ…。 は、さておき、前作の因果を引き継ぐ自業自得の切なさは致し方なし。ただ、あの頃、若かったジャンキー達の滑稽さは、歳を重ねても変わる事がない。 無茶苦茶で非道徳的なのだけど、笑ってしまう。 おおよそ、ヤク中の物語を、面白おかしくスタイリッシュに描くと、いろんなところから批判もあるでしょう。 でも、笑ってしまうが笑えない悲哀も秘めているワケで、何もかもが憧れや興味に繋がるものでもないと思うのね。 やっぱ、ダニー・ボイルはエグさや不潔感もキッチリ描くわけで、正直キモい世界なのだ。特に、序盤の自殺未遂は、彼らしい流石のグロさ。 僕は思うね、キタナイ部屋やトイレでラリる感覚なんか絶対拒否だと。 なんにせよ、20年の因果を描いた意味は、意外なくらい重要だと思う。崩れた人生なのか、そもそも崩れやすい環境だったのか。環境が生み出す問題ならば、浮かび上がらない社会の弱者の環境を整備する事で、結局は社会全体の利益にもなるのでは?映画を観て、こんな人生は嫌だ!でも良いワケだし。 なんて考えたり…。 まぁ、これってレビューを書きながら思った事で、映画鑑賞中はゲラゲラ笑って、彼等の信用ならない行動にハラハラ、次に起こる展開をワクワクしながら観たワケさ。 要するに、面白い! そして何より、映像が素晴らしい。ダニー・ボイルの映画は、色合いが好みな場合が多い。 音楽のチョイスも好きだし。 こんな映画は、しばらくぶりの便秘解消級の爽快感があるよね。 ただ、癖の強い臭いがキツいけど(笑)。

  • tks********

    4.0

    今作もスタイリッシュな雰囲気は変わらず

    20年前に前作を観たが、とにかくお洒落な映像と音楽、それにトイレに引き込まれるシーンしか憶えていない。 しかし今作もスタイリッシュな雰囲気は変わっておらず、ちょっと興奮。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
T2 トレインスポッティング

原題
T2 TRAINSPOTTING

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日

ジャンル