ここから本文です

二度めの夏、二度と会えない君 (2017)

監督
中西健二
  • みたいムービー 38
  • みたログ 202

3.47 / 評価:169件

あたしもきっと、智くんと同じ気持ち

  • bwa***** さん
  • 2020年10月21日 5時46分
  • 閲覧数 47
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

篠原智(村上虹郎)が臨終間際の森山燐(吉田円佳)へ愛の告白から始まる。答えはNO。仲間として好きだった智からそんな事を言われて迷惑だみたいな事を言う燐。燐が死んだあと「何であんな事を言ってしまったのか」悩む智。そんな智に奇跡が起こり、半年前に燐が転校してきたばかりの頃にタイムスリップする。燐との時間を取り戻し、自分の気持ちを告白しないようにするためにしようとする智だった。

智は燐との時間を取り戻すために、自分が言ってしまった告白をなかった事にしようとするのですが、本当にその時間まで戻ってしまったとしたら、そんな事をするでしょうか。
もっと彼女が助かるための努力をするのではないでしょうか。今回全く家族の姿がありません。親に会いに行って病院を代えさせるとか、死なない為の努力をするのではないでしょうか。
臨終に近い状況にも関わらず、智は病室に入れるし、家族の姿もなく、この辺はリアリティーがありませんでした。

以前その学校で有名になったアニマートというバンドがいて、何でバンドが禁止になったのかが曖昧で、禁止の理由が良くわかりません。

運命が分かっているのに、こういう動きにはならないと思います。
バンドメンバーを探す時もそうですし、石田六郎(山田裕貴)の集中して作業していた美術品の件にしても、あの様な芝居にはならないはずだと思います。
徐々に以前経験したものとは別の人生になるようになっていましたが、燐の死なないための動きが無さすぎます。死んでいく人をそのままにしている傍観者ぶりは不思議です。心臓病の燐が元気過ぎるのも不思議なのですけどね。

燐役の吉田円佳さんは女優ではないんですね。上手いです。
また逆にバンド仲間の村上虹郎君、山田裕貴君、金城茉奈さんは楽器演奏が上手いです。
歌もポップでカッコいいです。

ラストの手紙の文章が違ってたところ。
良かったです。

ただ病室のシーン。見たい表情の方を写していなくて、リアクションの方にカメラが向いていました。
監督の狙いだとは思いますが、もっと燐の表情の方が、見たかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ