ここから本文です

上映中

散歩する侵略者 (2017)

監督
黒沢清
  • みたいムービー 506
  • みたログ 913

3.26 / 評価:680件

軽やかにボーダーを超える。

  • 文字読み さん
  • 2017年9月11日 0時12分
  • 閲覧数 3091
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

2017年。黒沢清監督。突然現れた「宇宙からの侵略者」を名乗る者たち。彼らは人間に寄生し、人間の概念を学習してから侵略を開始するという。地球侵略というデッドラインが設定されるサスペンスのなか、寄生された男の妻や彼らを取材するジャーナリストとの間で、宇宙人たちがいかに「人間」を学習していくのかを描く。

かたや宇宙人との間に「友情」らしきものが芽生えて、結局は宇宙人になっていくジャーナリストがおり、かたや人間から「愛」の概念をもらって人間になっていく宇宙人がいる。両方から軽やかにボーダーを越えていき、どちらがどちらかわからなくなっていくことに、まずは素直に感動したい。ジャーナリストも宇宙人も宇宙人に「愛」を与える女性も、一筋縄ではいかない錯綜した関係の中に存在している。その錯綜した関係がゆるやかに変化しくのだから、もはやボーダーに意味はない。すべては変わりゆくのだ。

もちろん、すべての黒沢映画がそうであるように、「人間とは何か」という問いが根底にある。曇りがちな空から時折差し込む光。廃工場。やや強引な映画史的引用。黒沢映画を見た幸せ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ