ここから本文です

パーソナル・ショッパー (2016)

PERSONAL SHOPPER

監督
オリヴィエ・アサイヤス
  • みたいムービー 128
  • みたログ 322

2.94 / 評価:231件

感性と覚醒と霊能のはざま

  • sug***** さん
  • 2017年5月12日 23時14分
  • 閲覧数 484
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーが分かりにくい、との頼りない前評判のみで公開日に鑑賞。
監督も女優もカンヌ賞もノーチェックだったが、評価が極端に別れる作品と感じた。

自分的には大傑作。
その理由はストーリーの展開が読めないからだ。
一見脈略のない事象が、前触れなく次々と起きる。霊能者の双子の死、霊能現象、禁じられた依頼品の試着、未知の携帯のメッセージ、殺人事件。
そこに得体の知れないリアリティが感じられる。

一見地味だがモノクロームなセクシャルシンボルである主人公のモーリーンはパーソナルショッパーという個人スタイリストだ。禁じられるからこそやりたくなる、というキーワード。
依頼品であるオートクチュールを無断で試着しながらのマスターベーション。これは双子の兄の自由で奔放な性格と重なる。

終盤でぼんやりと見えてくる事象の関連性。

霊能は幻の感性なのか、覚醒した事実なのか、あるいは霊能者自身が初めから霊能そのものなのか。

何一つ答えが出ぬままにエンドロールが回る。

あまりにもリアルな作品である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 恐怖
  • 知的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ