2017年4月22日公開

スウィート17モンスター

THE EDGE OF SEVENTEEN

PG121042017年4月22日公開
スウィート17モンスター
3.9

/ 506

29%
43%
22%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

恋愛に関する妄想を膨らませては何かと騒動を起こし、情緒不安定気味の母親(キーラ・セジウィック)や教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)らを翻弄(ほんろう)している高校生ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)。親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)と一緒にいるときだけ安らげると思っていたが、彼女が人気者でエリートの兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)と恋仲になり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(84件)

かわいい17.3%笑える15.8%コミカル15.0%楽しい13.5%切ない13.5%

  • yos********

    4.0

    個人的にこういう思春期ものは、好き

    いけてない、ひねくれた けど どこか ちょっと 可愛い。

  • yuki

    2.0

    10代めんどくさー

    予告編ほどコメディ感はない コミカルな部分はあるけど 大半は悩める自己中な10代女子の話なので 観ていてイライラする場面が多々 つまらなくはなかったけど 2度観たい映画ではありません。 トゥルー・グリットのあの知的な少女はどこへいったのか 役柄で全然違いますね 好きでもない役者がヒロインだったら イライラして最後まで観られなかったかも ウディ・ハレルソンが演じていた先生のような 自制心のある大人になりたいですね。

  • wendytiger

    1.0

    ネイディーン最低気分が悪くなった!

    本当に嫌な17歳の娘。母親の車は盗む、友達が自分の兄と恋仲になったと言っては拗ねる、ヤリチンに卑猥なメールを送り、いざ本番という時に逃げる、担任の教師に迷惑をかける、自分に気のある男子学生は適当にあしらい、最後に勿体ないとモーションをかけて、ハッピーエンド???? クソ最低の映画。ウディ・ハレルソンとセジウィックの演技だけは光ってたが・・

  • sdr********

    3.0

    こんな娘を持ったら

    苦労するよなー。だから家族はいらないんだ。ここまで生きて来たけど、めんどくさい事が多かった。しんどかった。もう一回しろと言われてもやりたくない。こんなクソみたいな世の中で、そんな思いを子供にさせたくない…って思ってたけど。自分の子供のストーリーを見てみたいって気持ちにもなる。子供がかわいいのは5歳までっていうよね。僕だって、子供のうちは両親大好きだったけど、いつの間にか反抗期ではなかったけど、親との距離を取り始めて…。両親にありがとうって思えたのって、結婚してからだわ。母親はもう亡くなってて、父親だけなんだけど、最近は時々あってる。子供作っておいてよかったわぁって言ってくれる。人の心配を自分の心配のように生きるのは疲れるな。映画の主人公の生活でさえ、ストレスを感じちゃう僕はだめだー。先生にも家族がいた。家族っていいものなのか?サザエさん面白い?なんのこっちゃ。普通に家にプールがあってびっくりした。

  • つとみ

    5.0

    ネタバレ拗らせて拗らせて、ある日スルッと解ける

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第82回

新人監督賞

基本情報


タイトル
スウィート17モンスター

原題
THE EDGE OF SEVENTEEN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル