ここから本文です

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート (2016)

MR. RIGHT

監督
パコ・カベサス
  • みたいムービー 41
  • みたログ 366

3.22 / 評価:263件

続編も作って貰いたくなる

  • fg9***** さん
  • 2018年2月1日 14時15分
  • 閲覧数 916
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …B級染みたタイトルなので観るのを控えていたが、最近観たばかりの『ピッチ パーフェクト 2』のアナ・ケンドリックの出演映画の中に本作もあったので、観てみる。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『なぜか付き合うのはダメ男ばかりのマーサ(アナ・ケンドリック)。
 ある日、彼女は自分の理想を全て備えているフランシス(サム・ロックウェル)と運命の出会いを果たす。
 たちまち激しく惹かれ合う二人だったが、フランシスの正体は殺人こそ許せない犯罪という強い信念を持つがゆえに依頼人を殺してしまう暗殺者だった。
 次々と襲い掛かってくる同業者を迎え撃つ彼と過ごすうちに、次第に暗殺者としての才能に目覚めるマーサだったが……。』
 観始めたら、サム・ロックウェルも出てきたので、なんだか嬉しくなってくる。
 彼の最近の作品では『プールサイド・デイズ(2013)』は割と好きで、飄々とした兄貴ぶりはナイスだったな。
 序盤からのストーリーの流れは、マーサのダメ女ぶりがグズグズと描かれるばかりで聊か退屈だったが、フランシスが登場して、あるマーケットでマーサの倒した十数箱のコンちゃんの小箱を彼が手品師のような手際で救い取って並べるシーンから俄然面白くなってきた。
 マーサとレストランでのデートの最中に、チョット席を外すと言って外に出て、駐車場で刺客の野郎と丸でダンスでも躍るかのように華麗なポーズでアクションを決めたのはカッコイカッタな~。
 普段はボケ~っと、というか飄々としているのに、いざスイッチが入るとシャキッとする、そのギャップが心地イカッタな。
 で、フランシスを追い続けるFBIがティム・ロスだったので、これまた儲っけもんだったな。
 悪役がイイと内容が引き締まってくるな~。
 ラストの2人のガチンコ対決もなかなか見応えがあった。
 グズ女のマーサの覚醒もカッコイカッタな。
 フランシスの投げた包丁を無意識の裡に真剣白刃取りするシーンは、え?!となった。
 で、クライマックスの屋敷での怒涛のアクションだ。
 フランシスも大勢の間抜け悪党どもをぶっ殺していたが、マーサも「アタイ、2ガイズもやっちゃった!きゃはっ!!」とはしゃぐシーンは可愛かったな。
 続編も作って貰いたくなる、非常にお気楽に愉しめた作品で、3.7点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:2860件、2018年度:45作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ