ここから本文です

いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~ (2017)

監督
深川栄洋
  • みたいムービー 97
  • みたログ 473

3.32 / 評価:402件

サラリーマンが見ても耐えられない

  • rcd***** さん
  • 2018年12月3日 0時38分
  • 閲覧数 715
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

働いている独身女性です。
子供よりも、お母さんよりも、お父さんに一番感情移入しました。
何をやってもすぐそこそこの頭角は表すのに、本当に本人には関係のない運で全部チャラになってしまう。
自分主体の人生を生きる上で、単なる不運を不運と捉えきれず、自分のせいにして苦しむ辛さは今を生きる多くの日本人なら絶対に共感できるはず。
理想を追い求めるあまり学校を辞めたり、意識高い系の仕事に就いたりから、満州引き上げ・妻の実家に世話になるというくだりでもう十分じゃない?と感じてしまいました。
そこからもどんどん不運に見舞われるわけですが、妻の父親から、先祖代々、他人を泣かせてのさばってきたからあんたにカルマが回って来たんだ!みたいなことを言われてて、本当にそうなんじゃないかと思ってしまいました。
大抵の映像作品や小説では、これでもかという程不幸を経験した人が、最後に「でも、それが幸せだった。」的な事をよく言っていて、この映画でも言っているわけですが、個人的には負け惜しみにしか感じません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ