ここから本文です

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール (2017)

監督
大根仁
  • みたいムービー 279
  • みたログ 1,730

2.95 / 評価:1386件

妻夫木聡のリアルさ、水原希子の幻想

  • もふぁ さん
  • 2020年5月5日 23時23分
  • 閲覧数 739
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

奥田民生の音楽に詳しいワケでも、ファンでもないので、
主人公が奥田民生のようになりたいって力説する所が、よく分からなかったが、
とにかく、妻夫木聡の演技がうまくて。いやー、演技の幅あるよね。 ダメっぷりとか、連絡つかなくてイライラする所とか、リアリティがあった。

水原希子は可愛くて魅力的だと思うけれど、キャラクター的に完全に空想の小悪魔みたいな印象。リアルなものとして捉えられず、感情移入出来ない。目の保養どまり。
なので、彼女を取り巻くものは、
幻想か妄想かという感じ。
妻夫木聡のリアルさと、水原希子の幻想が入り混じり、とにかく、物語としてはフワフワと浮いている。
まぁ、それが狙いなのかもしれないが。

そんな中にあって、さすがは、安藤サクラ。あんなに、不思議ちゃんなのに、水原希子よりも、可愛い! そして、妻夫木聡と安藤サクラを重点的に描いた方が、
面白いやろーと思わずにはいられないのであった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ