レビュー一覧に戻る
ある決闘 セントヘレナの掟
2017年6月10日公開

ある決闘 セントヘレナの掟

THE DUEL

PG121102017年6月10日公開

y5c********

3.0

不気味で怖い

悪役のウディ・ハレルソンの怪演が終始緊張感を出していてドキドキする。ガンマンが主役の西部劇ではあるが、舞台は大平原や砂漠の荒野でなく森林の中でいかにも安易にロケしたっぽくて、西部劇感はない。今時のメキシコ国境問題がストーリーの核。現代劇にすれば怖さが倍増してたような気はする。 なんか思い出すと思ったら、ハレルソンはマーロン・ブランドへのオマージュだ。それにしても邦題がいまいち。昭和なら「地獄の用心棒」とか「荒野の黙示録」ってとこか。 ラストはありきたりでトーンダウンする。主人公にはガンマン十か条を教えないといけない。「傷を負わせたらとどめを刺せ。さもないと自分がやられる」 全体的に可もなく不可もなくという出来。親父向けの映画です。

閲覧数1,031