レビュー一覧に戻る
【劇場版】 嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~/リチャード二世

chu********

5.0

妖艶ベン・ウィショー(ロリーも好演)

謀反だ裏切りだとお互いに振り上げた拳を下ろそうとしない従弟ヘンリーとノーフォーク公トマスをいさめ、あわや激突の決闘場面で止めに入る。 無駄な血を流させない、いいヤツに思えたリチャード二世。柔らかな物腰ながら毅然とした処し方も、とても洗練されて見えました。 一方、形勢が一気に不利になるなか何とか威厳を保とうと虚勢を張ったり、一度は手放すと決めたものの、ヘンリーや家臣の前で醜態をさらすなど、絶対的な権力=王の座に執着する悲哀と滑稽。傲慢、かつ、奢れる者久しからずの切なさを感じさせたベン・ウィショーの繊細な演技がお見事でした。 また、リチャード二世はホモセクシュアルと言われていますが、はい、薫り立っておりました。 ヘンリーに扮するロリー・キニアはシュッとしたベン・ウィショーとは対照的に、いなたい雰囲気が秀逸。好きな役者さんですが、有名・人気俳優が居並ぶなかで出番は長くなさそう…残念です。 BBCが威信と総力をかけて制作したであろうこの一大歴史絵巻。私のようなシェークスピア初心者でも面白く観られました。 眉間にシワを寄せ、腹の底から声を振り絞り、詩的な言葉を吐く…登場人物たちの重厚な演技を、建造物・衣装・風景など壮大な舞台装置とともに味わえば、贅沢な気分に酔えること間違いなし! 酔い過ぎて、イビキをかいて寝ているお客さんもいました(笑)。 配信で視聴できたようですが、私は映画館で初見。スクリーンで鑑賞する悦びに浸っております。 次の「ヘンリー四世 Part 1」が楽しみで仕方ない! あと6週このワクワクが続くんだな〜。

閲覧数740