レビュー一覧に戻る
鋼の錬金術師
2017年12月1日公開

鋼の錬金術師

1332017年12月1日公開

ちさぽん

3.0

ネタバレほほぅ…

なかなかの漫画好きです。 原作持ってます。 が、映画好きでもあるんで、漫画の実写化は原作通りだとかそうでないとかを評価で重視しないようにしてます。 でも、かといって違い過ぎるとやはり気になるのでそもそもあまり期待しないようにもしています。 てなスタンスで観たわけです。 レビューでは原作好きはこき下ろし、原作知らない人は「まあまあ面白い」という評価が多いようですが、ワタシ的には「うん、頑張ったよね!」という感じ。 特にロケ班、よく頑張りましたねー。 原作の世界観をよく再現してたと思う。 どこで撮ったんだろ?外国かな? と思ってエンドロール観たら(撮影協力とか)、わりかしウチの近所とかじゃん(゚∀゚;) ちゃんと確認はしてないけどアレを国内で全部用意したんなら大したもんですよ。 CGもあるんだろうけど。 正直、私としてはお話は面白くなかったんです。 諸々端折ったこの筋立てで原作知らない人ついて来れるかな?と思ったし。 (レビュー読むとそこそこ大丈夫だったみたい) だけどこの撮影場所を用意した製作陣に私は敬意を表したい。 あと、キャスト陣。 総じて日本人でヨーロピアンなカタカナ名(かつ、金髪)の役ってどうなんだと思ったけど最終的にはさして問題はなかったと思う。 そんな中で特筆すべきはラスト役。 グラマラスなイメージのない松雪泰子?と思ったけど意外とハマってた。 ねちっこい喋り方がナイス。 バストは寄せて上げれば何とかなる。あとは演技力でってことですね。 そんなわけで、そこそこ楽しめました。 数々のレビューの中を取って☆は3つで。 原作はともかく、キャストとスタッフの労力に鑑みて観てみてみ!

閲覧数1,510