2017年6月24日公開

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第二章 発進篇

912017年6月24日公開
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第二章 発進篇
3.9

/ 623

47%
24%
11%
6%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(145件)


  • ららこ

    1.0

    発進シーンだけよかった、他全滅

    タイトルの通り。 ほぼ旧作どおりの流れの発進シーンだけはそれなりに観れたが、 それ以外はチープ。だがこの後もっと酷くなってるので、 まだこの時点ではマシなほうだったというね・・・。 話単体やシーン単体ではそこそこのものがあったとしても、 全体としてダメなので☆1しか与える価値は無い。

  • voo********

    4.0

    ネタバレ一章(嚆矢編)より面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nis********

    1.0

    ネタバレヤマト史上、最低最悪の発進シーン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • angaga

    1.0

    テレビまんがに戻ってしまった

    「アニメ」と言う言葉がまだなく「テレビまんが」と呼ばれていた時代に、ヤマトは誕生し、それまでのご都合主義的な物語や設定だったテレビまんがと決別した最初の「アニメ」になりました。 が、2202は昔の出来の悪い子供向けテレビまんがを見ているよう。。

  • bru********

    5.0

    山場てんこ盛り

    とにかく90分の中に「ヤマト再発進」「ヤマト対アンドロメダ」があるのだから、素晴らしくないはずがありません。この2つの見せ場には良い意味での今風の演出が「こうきたか!」という具合に発揮されていて、もう大興奮です。旧さらばや旧2の隙間をも埋めながら、音楽の使い方は2199を上回る出来栄え。まだ第2章なのに、こんなに最高で良いのでしょうか?

  • ef4********

    4.0

    ディテールよりストーリーがヤマトらしい

    2199はメカニックのディテールと設定にこだわるところががあり、 ヤマトをきちんとSFにしたかった部分があったと思います。 これはこれでよかったですし、 こういう説明を必要としないことで2202が成り立っているとも思います。 つまり荒唐無稽ではないところですね。 2199の否定ととらえる向きもありますが、 むしろ2199をきちんとベースというか前座というか、 つまり説明編とした話に思えるのです。 そして2202は人間ドラマを中心に据えており、 どちらかというと旧ヤマトにテイストは近いものの、 その背景を含むディテールは、 この2202の方が旧作よりよくできていると思います。 特に旧作ではセリフだけでキャラづけされていたところもありますが、 それは現代では成り立たず理解されないので、 今にありがちな社会のご都合主義や闇の部分もいれて、 その立場を表すことで、 人物の立ち位置を不自然にしないところなどは、 リアリティを生んでいるように思います。 もう一つ、この先にならないとわかりませんが、 最近ではなかなか見られない、 ある種の勧善懲悪的な内容も 今の時代に求められているエンタメなのではないかと。 複雑なものを好むというか 熱い人がいなくなった現代において、 この作品は受けないかもしれないかもしれませんが、 それにあえて挑んでいる気がします。 でも、今回出演しなかったサーベラーですが あいつはサーベラーじゃないのかという人がいましたね。

  • inv********

    1.0

    なぜ220“2“なのか?

    旧シリーズは2201年が舞台。前作の最終回は2200年の年明けだった。その一年後なので。 新シリーズはそれより一年ずれてて、ガミラスとの戦いから三年後と言ってる。??? 『2199』の最終回が2199年度内だったとしても、その年の大半をガミラス戦に費やしてるのだから、実質二年位しか経ってないはずでは? しかも三年でも復興が早すぎると物語の中で言ってて、その理由としてタイムマシンみたいなのが出てくる。なら一年で復興してもよかったのでは? この時間の感覚にもうついていけない。

  • yukisora

    5.0

    ネタバレこれが観たかった!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ndy********

    5.0

    ネタバレ宇宙戦艦ヤマト2202とは

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cap********

    1.0

    ネタバレ先が思いやられるだけかな。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sap********

    5.0

    2119より劣る

    いまいちピンとこない。波動砲が悪者になってるがこのおかげで地球が救えた恩恵はヤマトクルーがよく知ってるはず。全否定は? それを出してるため何か窮屈で不自然。 11番惑星って地球との連絡手段がないのかな?普通は攻撃されたら連絡するよな。 また惑星距離ならアンドロメダ等ワープですぐなのに何故救出行かない? 疑問とチグハグなストーリーに中々集中できません。2199が良かっただけに残念です。

  • nak********

    3.0

    ネタバレヤマト納税(^^;

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 三丁目坂道

    2.0

    小出しにするのはどうか

    小出しに劇場公開するより、全体のエピソードを前後編として公開するほうがよい。 あと、個人的に旧作の防御策を今さらリファインするのは如何なものか。

  • r34********

    4.0

    TV版と監督違うけど。

    監督違うけど違和感はなかったですね。 TVの延長線で普通に見れます。

  • kin********

    5.0

    旧作と比較しても大丈夫なレベル

    イヤー面白かった!次も必ずみるからな!10月迄待ちどう惜しい

  • sea********

    4.0

    ネタバレサッパリ顔で熱く行け

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 中村匡志

    5.0

    ヤマト愛に溢れた作品

    ヤマトファンにとっては何度も見たい作品思わず泣けてしまいます。ヤマトの発進の場面、前監督さんだったら、古代じゃないでしょうね、(大田か北野?)艦長代理は判らないけど?その、推測からすると、今回の監督さんで良かったかも、今後の古代の立ち位置からすれば、やはり土方に艦長になって貰わん事には波動砲も撃てんし、コレ重要だけど、2199からのヤマトで艦長代理の立場での古代ではコスモゼロで出撃はあり得ないのかも?、、、心配なのはこの2202では乗組員の犠牲は、真田のとは比較出来ない程なので、古代がこのまま艦長代理では精神状態も、かなりヤバイ事になりそう。だから、この観点から土方艦長はあり得るのではと、

  • fga********

    1.0

    昔の作品におんぶにだっこ

    昔のデザインは素晴らしいですが、一つぐらい目新しくカッコよいデザインできないんでしょうか?見てる人が昔のデザインではなく、新しいデザインでうなることがずーっとないです。才能なさすぎです。

  • aki********

    5.0

    期待をこめて

    前作は正直とても残念でした。 今作品は映像に説得力が出てきて安心して鑑賞することが出来ました。 脚本も多少の無理はありましたが充分納得できる内容でした。 是非、2199を超える内容になることを期待して☆5です。

  • hik********

    5.0

    まだ期待と不安、両方ある

    今のところ、さらば以下、2以上かな コスモリバースの負の遺産の設定は面白いなと思った なるほど地球が短期間にあれだけ沢山の戦艦作れたとは、そういうことかと思った 今回、ヤマトに搭乗できなかったメンバーは生き残りそうだけど、搭乗メンバーの九割位は命を落としそうなので、どうなるか不安だ 島、太田、相原、南部はまあ生き残るだろうけど、それ以外のメンバーは……沢村君と西条さんは生き残ってほしい

1 ページ/8 ページ中