ここから本文です

ディストピア パンドラの少女 (2016)

THE GIRL WITH ALL THE GIFTS

監督
コーム・マッカーシー
  • みたいムービー 112
  • みたログ 508

3.20 / 評価:354件

観賞後感は悪いが、傑作。

  • ひゅう助 さん
  • 2018年2月16日 22時47分
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゾンビ映画だけどメッセージ性が強い。そういう印象の映画だ。

隔離された少女と銃で武装する大人。これがテーマを暗に示している。

パンドラの箱。箱の中には悪夢と希望が入っている。

では、箱の外に悪夢と希望があったら?

人は箱の中に入る。災厄から逃れるため。そしてほんの少しの希望を求めて。

これがこの映画の全て。ゆえに凍りつくラストであり、気持ち悪さMAXのラストでもある。

観賞後感は相当悪い。しかし、この映画は傑作である。

それにストーリーはゾンビ映画らしからぬ、相当練られた脚本のおかげで飽きない。

☆4.5つ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ