ここから本文です

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 794
  • みたログ 3,326

3.99 / 評価:2745件

優しいクズ男か汚くて嫌いになれない男か

  • bey***** さん
  • 2020年10月29日 10時53分
  • 閲覧数 2125
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

日本の映画は単調で静かで途中で飽きてしまうことが多いのですが、これはとにかく俳優さんたちの演技力が素晴らしくて飽きずにずっと見続けられました。
真相がゆっくりと明かされていく本筋も面白いですし、登場人物に共感してしまう部分、理解できない部分混在していて何故そうなってしまうのか興味をもって話を追いかけてしまう。
蒼井優と松坂桃李のベッドシーンがとにかくうまくて、こんなにうまいベッドシーンは初めて見ました。リアリティがすごい。蒼井優は美人にも変貌するしだらしない女にもなれるしベッドシーンはエロ可愛くて本当にすごい女優さんですね。先のない関係につい落ちていってしまう流れがうまくて違和感なく見られました。
そしてそんな彼女を陰日向で支え続ける阿部サダヲ。ゴミで散らかった部屋で土木作業員姿の彼が食事を作る。彼の書かれ方は一見汚くて雑で嫌悪感すら覚える描写なのに優しさと確かな愛を彼女に注ぎ続けていて、拒絶しながらも何故か離れられない彼女の気持ちがすごく伝わってきました。もっと良い男が現れたら乗り替えよう、きっとそう思っていたんだろうけど、現れないのが現実で胸が痛みます。かっこいい男に恋をして体を重ねて幸福を感じ、でもやっぱりクズで翻弄され続け何故か従ってしまうけど怒りは知らず知らずたまっている。ものすごくリアルでした。
完璧な人間を探してもどこにもいなくて、誰しもかっこいい部分、ダメな部分が混在してるものなんだなと改めて思う。いなくなってからあの人のこと嫌いな部分ばかりだったけど私にとっては唯一無二だったと気づく。悲しくてとてもいい映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ