ここから本文です

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 817
  • みたログ 3,474

3.98 / 評価:2868件

濡れ場が多すぎの感がありましたが…

  • spr******** さん
  • 2021年2月8日 22時04分
  • 閲覧数 1448
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

エンドロールが出ても
ぼ〜っと観てたのですが、
エンドロール途中、
なぜか堰を切ったようにブワッと
泣けてきました。
(実は半分まで観て退屈で中断し、
1週間後に後半を観ました)

薄汚いおじさんのジンジは、
愛するトワコに何も求めません。
こうあってほしいとか
こうしてほしいなど全く無く、
いつも笑顔で、
ありのままのトワコの全てを
無条件に愛しています。
そんな人、現実にいそうにないので
見慣れないからか、
怖いくらいです。
登場人物の中で、
そんな、
1人だけ不潔そうな風貌やふるまいのジンジが実は、
1番美しい究極の愛を知っています。

ラストの、
ジンジがトワコの罪を全て被って死ぬ寸前、
「新しい男との間に子供を作って
その子を自分(ジンジ)と思って可愛がってほしい」
というセリフに
いったんドン引きしましたが、

それまでトワコに何も求めなかったジンジが初めてトワコにお願いした…。
何か意味があるのかな…
人からまともに愛されなかったトワコ、
自分が死んだら、
さすがに愛されていた事だけは気づくだろう、
自分が死んでも、
トワコがその子を(".自分を愛してくれた"ジンジの生まれ変わりなら)愛せるだろう、
そしたら愛されたその子が母親のトワコを自分の代わりにきっと守ってくれる"
と思ったのか…

考えが巡ります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ