ここから本文です

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 817
  • みたログ 3,471

3.98 / 評価:2866件

救いようのない人たちはいるということ

  • taf******** さん
  • 2021年5月18日 16時48分
  • 閲覧数 672
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

他の人のレビューを見ていて
かなり気に入らなかった人が多くいて
少し驚いた。

クズ女や、これが純愛かとか。


健全に生きて来れた人たちには
落ちていく人間の事が理解できないのか
それとも本当にこの作品が薄っぺらだったのか?
自分にはわかりませんが、
少なくとも、自分はこの映画で泣くとは思っていませんでした。
監督の編集がうますぎたっていうのもあると思いますが。

たしかに。一途男の恋心を正当化したようなきらいはあると思います。
年齢も年齢で子供が作れない体でおまけに頭も育ちも悪い。ほぼ生きてる意味がない男です。酷い言いようかもしれませんが、この世の女性がそう判断しています。この男には生きている意味はありません。こんな人と結婚したら結ばれたい女性はほとんどいないでしょう。彼が死んだところで見向きもしないくだらいゴミみたいな人生です。そんなストーカー気質もあるクレイジーな彼を、少なからず受け入れてくれた女性。この先、生きている意味もなかった男の生きる希望になった。けど、ちゃんと働いていた彼女がヒモ女になってる時点で、この男と関わると女性がダメになってしまう。女性も女性でヒステリックを起こしてすぐ男を刺してしまう。ヤバい2人です。
ここまで過剰な関係はないにしても、少なからず自分と重ねてしまう部分はいくつかあるんじゃないでしょうか。

こんなダメな自分と一緒に居てくれることが救いになる、みたいな。
リア充で普通に恋愛して普通に恵まれた環境で育ってきた人たちには何も刺さらない映画なのかもしれない。

どこか孤独を抱えている人には、何か感じるものがあるとは思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ