ここから本文です

ジェーン・ドウの解剖 (2016)

THE AUTOPSY OF JANE DOE

監督
アンドレ・ウーヴレダル
  • みたいムービー 130
  • みたログ 891

3.56 / 評価:734件

解説

身元不明の女性の検死を行うことになった検死官の親子が、解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われるホラー。遺体安置所での逃げ場のない恐怖をリアルな解剖シーンと共に描き、トロント国際映画祭など世界各地の映画祭で高い評価を得た。監督は、『トロール・ハンター』などのアンドレ・ウーヴレダル。検死官の親子を『ボーン』シリーズなどのブライアン・コックスと、『イントゥ・ザ・ワイルド』などのエミール・ハーシュが演じる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ