ここから本文です

逆光の頃 (2017)

監督
小林啓一
  • みたいムービー 25
  • みたログ 233

3.54 / 評価:141件

解説

「コップのフチ子」の企画・原案や「バカドリル」などで知られる漫画家タナカカツキのコミックを実写映画化。京都の街を舞台に、高校2年生の少年の揺れ動く心や青春の輝きを描く。主人公を『仮面ライダー鎧武』シリーズなどの高杉真宙、彼が恋心を抱く幼なじみを『ホラーの天使』などの葵わかなが演じる。『ぼんとリンちゃん』で高杉と組んだ小林啓一がメガホンを取る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

伝統が息づき、国内外から大勢の観光客が訪れる京都で生まれ育った赤田孝豊(高杉真宙)は、どこにでもいそうな高校2年生。将来への漠然とした不安を抱きつつ、思春期真っ盛りの同級生たちとの日常や、幼なじみのみこと(葵わかな)へのひそかな恋などを経験しながら、少しずつ成長していく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ