レビュー一覧に戻る
ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線

sna********

3.0

戦争中のフィンランド人

狭い意味の戦争映画とは多分言えないだろう。しかし超大国の狭間でもがき苦しみながら生きる人々、小国を描いた、その国発信の映画が増えてきたことで、そうした一つ一つの映画をパズルのピースのように、超大国視線ではない角度から第二次世界大戦を再構成していくことができる。 ソ・フィン戦争などについては少し知っていたとはいえ、戦争中のフィンランドについては、あまり知らなかった。ましてノルウェーに残されたドイツ人とフィンランド人との間の子供の話なども始めて聞く話で驚いた。 とにかくこうした小国の映画は視野を広げてくれ、あらたな気づきを与えてくれる。

閲覧数452