レビュー一覧に戻る
ユリゴコロ
2017年9月23日公開

ユリゴコロ

PG121282017年9月23日公開

dkf********

3.0

ナチュラル・ボーン・キラーな女の生涯

なかなかに強烈なインパクトだ。吉高由里子演じる美紗子のキャラはメンヘラなどという生ぬるいものでなく、完全にイカれた殺人鬼のそれ。冷酷なナチュラル・ボーン・キラー(生まれながらの殺し屋)の血を持ったダークヒロインである。当然血なまぐさいシーンも多数。リストカットのシーンなどはちょっと目をそむけたくなるほどだ。 内容的にはビジュアル重視の前半から、後半はストーリー重視の展開になったことで作品として深みが出た。純粋に脚本の面白さを楽しめたが、原作を知らないというのは良いことだ。 ただ吉高由里子は好演というより、役にハマっただけで、これで日本アカデミー主演女優賞はもらいすぎの感。本当の演技力とは木村多江の泣き演技のようなことを言うと思う。 全体の風合いとしては「ヒノアメール」を観た時のような寒々しさに近いか。 ラブストーリーが得意と思っていた熊澤尚人監督がこんなダークな作品に手腕を発揮しているのも興味深い。

閲覧数3,772