ここから本文です

修羅の剣士 (2016)

三少爺的劍/SWORD MASTER

監督
イー・トンシン
  • みたいムービー 5
  • みたログ 38

3.64 / 評価:28件

ソードアクションはそれなりに迫力があった

  • fg9***** さん
  • 2018年10月5日 15時43分
  • 閲覧数 349
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …レビュー数は未だ2件のみだ。
 よっぽど人目に付かない作品なんだな。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『剣神として名をはせる無敵の剣士、通称第三の師こと謝暁峰(ケニー・リン)は、偽名を使って妓楼の下男として雇われていた。
 彼はそこで出会った遊女・麗(ジャン・イーイェン)に次第に魅せられていく。
 片や第三の師との手合わせを心から願っていた剣客の燕十三(ピーター・ホー)は、彼が死んだといううわさを聞き、夢が実現しないと嘆くが……。』
 冒頭から、剣客の燕十三が激しいワイヤーアクションで魅せてくれる。
 で、燕十三は第三の師が死んだと聞いて嘆き、また、自らが不治の病を患っていると知って、自分の墓石を建てて山に閉じ籠る。
 第三の師の婚約者で高名な道場の娘の秋荻は、自分を捨てて遁走した第三の師に復讐を誓う。
 その頃、第三の師は正体を隠して妓楼に住み込みで働き、遊女の麗と知り合う。
 で、ある事件が起きて、第三の師は妓楼を追い立てられて彷徨い歩いていると、肥やし売りの百姓に拾われてその家の居候になる。
 そんな折、遊女の麗が里帰りすると、肥やし売りの百姓の妹だったので、再会を懐かしむ。
 でも、遊女の麗は妓楼のヤクザ共に追い駆けられて痛い目に遭う。
 剣を捨てた弱っちい第三の師は、剣を学べと半強制的に燕十三の許へと連れて来られる。
 第三の師は剣を握ることも嫌ったが、燕十三と懇意になり、燕十三は彼が第三の師とは知らずに剣の秘儀を伝授する。
 なんか~、あらすじを書くのが退屈になってきたので、以下、ざっくりと流そう。
 で、第三の師に復讐を誓っていた秋荻は、かつての婚約者の第三の師と再会し、やっぱりアンタが好きだと復縁を迫るが、第三の師は我が儘で自分本位で田んぼにも入れないオヒー様は御免被るとばかりに袖にする。
 怒り狂った蛇顔の秋荻は、第三の師の心を奪い取った麗が憎しとなり、村を焼き払い、麗は大火傷を負う。
 で、後はもう、第三の師と秋荻一門とのワイヤーアクションを駆使したソードアクションを愉しむだけだ。
 で、ラストでは、師弟関係のようになってしまった燕十三と第三の師だったが、第三の師と分かった以上は戦わねばならないとして、燕十三と第三の師のガチンコ対決が繰り広げられるのだった。
 どっちが勝ったかなんて、対決する前から決まっている……秘儀を授けてしまっていたんだもん……。
 人名とか難しい漢字が多くて字幕で観るのは結構疲れたな。
 ストーリー的には、ありふれた内容だったが、ソードアクションはそれなりに迫力があり、大槻ケンヂ並みに顔に罅割れの入れ墨が入った燕十三は不気味だったものの、子供にも好かれる好人物に変身していったので好感度が高く、まぁまぁ、それなりに一見の価値はありの3.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3121件、2018年度306作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ