ここから本文です

ゴールド/金塊の行方 (2016)

GOLD

監督
スティーヴン・ギャガン
  • みたいムービー 117
  • みたログ 558

3.72 / 評価:414件

Bre-x事件

原題<GOLD>
2016 STAR CHANNEL

金(ゴールド)に捕り憑かれた男達
マイナー(鉱山師)と出資者 出資者はゴールドよりもカネに
ケニー/マシューマコノヒーは<典型的なクラッシャー>で
破滅にに向かうボンボンの3世(どっかの国の最高責任者?)
サンプリング分析を綿密に行なわなかった
<見たいものを見る>投資家や騙されたマーケット
それらを描く、株価上昇が目的化して信じ切ってしまった
ミス。

スターチャンネル系の映画は映画というよりTVドラマの
手法が取り入れられテンポ良く物語が進捗する。
(つまり上向きの時は急上昇し破滅に向かう時は
ジェットコースター並みに一瞬で落ちる)
BGMのテンポでその調子を描写するので
やや安直かな、音楽のセンスが良い事は特筆できる。

インドネジアはスカルノ大統領時代で日本の芸能界で活躍してる
ある3号婦人だったか2号夫人の夫でその汚職や独裁の酷い手法は
全く問題とされない日本が本当に凄い国だろうか?
(ただし史実はスハルノ時代に該当し彼は関係ない)

予告編が衝撃の結末と通常の展開ではない事を告知するので
物語自体がある種の詐欺である事も分かったし
(予告編が無くともこれは何となく分かった)
最後の最後にカネを得ることも予測できた、この物語は
IMSPIREDでありBASEDではないので
ラストも実際には無かった。
仮に小切手8200万ドルを受け取っても賠償などで
実際に手に出来たとは思えない。
(詳細は自殺によって霧の中の部分が多いのだが
詐欺というより名声だとかそういうのを求めていた
可能性もある)詐欺というより不正会計事件かな
その実力と内容が無い上場が出来た。

BASEDであっても忠実に再現するのは困難で
INSPIREDで製作するのは感情移入やキャスティング
で舞台設定を自国にしたり<本人や遺族の承諾>等の
問題も有るので法的にクリアしないといけない部分があり
ややこしい(しかし日本語字幕でINSPIREDを
基づくと翻訳するのは明らかに誤訳であり不適当
発展 感化 刺激が適当な訳で史実とは似ても似つかないのに
基づくではおかしい)

例えば安倍総理は人類史上最高の国家指導者であると
書けばそれはINSPIREDで、北朝鮮拉致問題は
最優先課題と絶叫する割に帰還してない(自衛隊による
奪還作戦は妄想幻想夢想の平和ボケで99.9999999%不可能)
北方領土返還に関して確かな手応えだの新しいアプローチ
だの何事も手柄自慢するが返還の見込みはナインナイン
有得ないのがBASEDEと思ったら理解しやすい。




ケニーが明らかにアルコール依存症で正常な判断力がない
才能も不明だが判断力が無いのでこの事件がなくとも
自然消滅していた会社、成功を手にした起業家の
物語は幾つもあるが彼の場合は失敗した経営者の典型。
(落ちぶれていた時は相手にされないが、見せ掛けの
成功を掴んだら周囲が礼賛するその手の見せ掛けの
礼賛にのぼせ上がった部分もある)
ただケニーはマシューマコノヒーが演じている部分もあり
決して憎めない、仕事面の描き方や仕事以外で彼女ケイを
愛し通したとかケイも無一文状態のケニーを
受け入れたとかそういう人間の内面や人間模様として
解釈すれば良い映画ではあった、カネに群がって
大損失を招いた一大事件を描く部分に関しては
しょせん物語であり再現性は殆ど無い。

面白いのはマイニング(試掘)の説明を女性の
ハンドバックでしてる、あれは<鑑賞者>にも説明してる
誰しも採掘 試掘のやり方なんか関係者以外知らない。




物語としては面白みは有ると思うし出演者脇役も良いし
マシューマコノヒーの演技にケチはつけられない、
実際の出来事だと解釈するのは無理があり
その辺のたった一文字
<刺激を受けて創造した物語>で印象も違う。

<カネ>教に狂ってるアメリカを風刺的にかつ
今のアメリカへの教訓なのだろうか?
鉱山に関する巨額詐欺事件こそ発生してないが
過熱しすぎたマーケットの暴落など
構造としては似たような事の繰り返し。

アコスタが<最後>に乗ったH145は2000年代に
制式化されたヘリで事件時には存在してない、
ヘリから突き落とす殺害方法はベトナム戦争時に
CIAや米軍が多用した残虐行為だったのを思い出した。


Breーx事件
カナダが舞台の事件であり年代も違う
(名前も言うまでもないし出身地も違う)
30セントの株価が286$に化けて(986倍)
投資家から60億ドルを奪った
世界の金の産出量が2000トンだったのに
見込み量6000トンとビックに吹いた
(ヘリからは突き落とされたというより自殺の可能性が高い
 ただし死人に口無し)
実在の人物とも似ても似つかない容貌であり結末の一部は違う
カナダのサーバーに接続しGoogle it すれば分かる(英語だが)
ケニー/David Walshが実名でケイマン諸島へ逃亡し無罪放免ではない

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 絶望的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ