ここから本文です

亜人 (2017)

監督
本広克行
  • みたいムービー 1,209
  • みたログ 6,567

4.00 / 評価:5,492件

目ばかり刺激する

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2018年10月16日 23時41分
  • 閲覧数 2114
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 スピルバーグって、映画史を塗り替えるような天才的な作品を次々に作っていたのに、「ジュラシック・パーク」がメガヒットを記録した途端に、一気にスッカスカに無内容な映画ばっかり作る凡庸な人に成り下がったでしょ。
 CGって、映画作家にとっての麻薬みたいなもんじゃないですかね。
 派手な映像さえ作れば、とりあえず観客はバカスカ入って、興行収入の上では成功作という評価が得られるもんだから、ついついまた映像のリアルさ・派手さ・奇想天外さばっかり追求する映画を作りたくなる。また儲かる。また作る。やめられなくなる。

 この作品、原作や、テレビアニメ版の方は、私は未見ですが、聞くところによると相当に深い心理描写を含んだ作品に仕上がっているそうな。
 この映画でも、亜人の苦しみや葛藤なども、ちょっとだけ描かれてはいますが、それはほんの通りがかりに触れる程度。
 90%は、映像の派手さ(CGばかりでなくアクションの派手さも含めて)で観客の目を釘付けにするだけの映画になっています。

 目だけで映画を見ている人には、楽しい映画でしょう。
 だけど、少しでも「頭で」映画を見るってことをしちゃう人にとっては、内容が希薄で目ばかり刺激する映画の作りに、どんよりと嫌気が差すんじゃないでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ