ここから本文です

亜人 (2017)

監督
本広克行
  • みたいムービー 1,209
  • みたログ 6,567

4.00 / 評価:5,492件

もったいない。

  • our_deepest_fear_is_that さん
  • 2018年10月21日 23時20分
  • 閲覧数 2047
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

傑作になれた可能性もあっただけにこの脚本はもったいない。

亜人に対して非人道的な人体実験を繰り返してきた人間、そしてその恩恵を受けてきた人間。佐藤健も期間はわからんが長期間にわたり手足を幾度となく人間に切断され、幾度となく人間に殺される。全ては人類の進歩のためと。

これではどうしても人間にモルモットにされた亜人・綾野剛の方に感情移入してしまう。主人公・佐藤健が人間に味方した根拠がない。
まあ、優しくしてくれたおばあちゃんや妹のことは守るだろうが、少なくとも自分のことを何度も殺し、痛めつけた人間を殺さない理由がない。

あと、CGを多用しすぎ。亜人の分身の戦いよりも綾野剛のガンアクションがもっと見たかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ