ここから本文です

ナラタージュ (2017)

監督
行定勲
  • みたいムービー 913
  • みたログ 3,782

3.18 / 評価:3,272件

雰囲気だけを感じる映画

  • gqh***** さん
  • 2019年1月21日 11時10分
  • 閲覧数 868
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりに退屈な映画を観た。
シュッとまとめれば15分くらいな内容を「余白」を多用し雰囲気持たせて、映画用に伸ばしている感じ。
そう!
行定監督ならではのネチネチとしたオシャレ風な「雰囲気」重視。
だからストーリーは薄くなっちゃっても余白を読ませたいので、これはこれでよいのか・・?


主演の有村架純は本当に可愛かった。
しかも素肌の背中からお尻ラインやブラ姿まで見せて、清純派から本格派に脱皮しようとがんばった!
でも色気やセクシーさは敢えて抑えてあるのか?それ目当てでみると拍子抜けするほど何てことない。
相手役の松本潤はミスキャストかな?葉山の背負っている重い物が彼には感じられない。
松本は屈託なくバカ明るく、悩むよりまず動く!ようなキャラが合っているのではないか?
そして思ったより丸顔。・・・いやいいんだけど~丸いアゴにメガネでちょっと・・・(言葉濁す


ストーリーは中盤ほんと中だるみで眠気を抑えられない。
盛り上がりも薄く、主人公ふたりがグズグズした感情を行ったり来たりの同じような展開が続くので、多少居眠りしても追いつく。
何より「あぁ・・かわいそう」とか「泣けてくる><」「気持ちわかるぅ!」がないのだ。
誰にも感情移入できない。
こちらの気持ちが動かない。
シラーッと、ただキレイな、大人の雰囲気を楽しむ映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ