ここから本文です

DESTINY 鎌倉ものがたり (2017)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 1,336
  • みたログ 7,484

3.92 / 評価:6,307件

当たり前のような日常が実は壮大なDestiny

  • あらりん さん
  • 2017年12月11日 0時36分
  • 閲覧数 7781
  • 役立ち度 333
    • 総合評価
    • ★★★★★

鑑賞後しばらくの間、放心状態。
ボーっとすると、映画の世界に引き戻されてしまう。
…そう。
乾いた心に沁み込んでくる映画を観た後は、こういう状態になる。

人と魔物と神様と…幽霊までもが仲良く暮らす不思議な町、鎌倉。

家政婦のキンさん。
夫思いの優子さん。
家族を愛する本田さん。
庭を走る河童さん。
貧乏神さん。死神さん…
そして、そこに暮らす一色夫妻。
摩訶不思議な居心地のいい世界がそこにあった。

一色正和…
和服と鉄道模型が大好きでちょっとお茶目な小説家。
堺雅人さんの魅力が溢れている。

そこに嫁いだ23歳の妻・亜紀子…
高畑充希さん。かわいい声、くるくる動く瞳、その甘え方。
夫を「先生」と呼び、貧乏神にさえ優しい亜紀子が愛おしくて、観ている私まで胸がきゅんとする。

玉緒さん、泯さん、サクラさん。
堤さん、薬師丸さん…
たくさんの素敵なキャストと山崎監督こだわりのCGが創り上げた実写版ファンタジー。

エンドロールで流れる宇多田ヒカルさんの主題歌「あなた」が胸に響いてくる。

日々、ケンカしたり笑ったりしながら一緒に暮らす。
また朝が来て、焼き魚を一緒に食べる。
運命と呼ぶには小さくて当たり前のように思える日常が…
実はとてつもなく壮大なDestinyだと気付かされる映画だった。

「千と千尋…」や「ハウルの…」を何十回も観たように、きっと本作も私の宝物になる予感。
2017年の終わりに素敵な作品に出会えて本当に幸せ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ