ここから本文です

DESTINY 鎌倉ものがたり (2017)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 1,315
  • みたログ 9,490

3.98 / 評価:8,185件

アンバランスさが惜しい作品

  • かげりん さん
  • 2017年12月11日 1時26分
  • 閲覧数 6942
  • 役立ち度 278
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画観賞価値:1300円

<感想文>
相変わらず、この監督の作品のCGってフィギュアっぽいですよね。
なんなんだろう、あの独特の質感。
どうも完成品フィギュアにしか見えないんだよなぁ。

んなことはさておき!
この作品、実に惜しいです。
観ていて面白かったし、楽しめたのですが…原作未読なだけに
「あれ?メインはドラマなの!?」と拍子抜けです。
以下の2点にまとめておきましょう。



本作最大の魅力
[堺雅人と高畑充希が魅せるニヤニヤしちゃう夫婦愛]
これが最大で唯一なのかなってくらい素敵です。
仕草や声、態度があまりにもカワイイ高畑充希演じる妻と、それを受け入れるどころかちゃんと返す、これまたカワイイ堺雅人演じる夫。
この夫婦のやり取りが最高に癒されます。「結婚っていいなぁ」と思うと同時に「こんな奥さん最高やん」と夢見れます。
また、中盤のシーンは「自分の妻も同じ状況になったら、こういう選択をするかなぁ」なんて泣けてきたり。
終始、夫婦愛を見せられる作品ですので、既婚者、新婚さん、カップルはホントにニヤニヤできる作品です。
逆に、そういうのに縁のない方々にはイライラ要素になるかも…?


本作最大の難点
[テンポが遅くて3時間に感じる上にドラマパートがメイン]
魔物たちや黄泉の国など、オリジナリティ溢れる要素はしっかりあるし
フィギュアっぽいとは言えどしっかりと見ごたえあるCGで描かれているので、圧巻です。
ただ!せっかくの黄泉の国に行くまでにどれだけの時間をかけるんですかと。
もっと大スペクタクルなものがあるのかと思いきや…まぁ、それは劇場で確かめていただきたいのですが、とにかく長い。ドラマパートが長すぎる。
なんなら「ん?このシーンはそんなに重要なの?」なんて思ったり。
恐らく求めるべきは「大迫力のアクション」「奇想天外なスペクタクル」ではなく「夫婦の愛の物語」だったのでしょう。
…ってことは私がお門違いなのか!?


ということで、期待していたものと違ったがゆえに「あれ?」と肩透かしで
それこそ長く感じる作品でしたが
夫婦愛を観てニヤニヤしたいならオススメします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ