2017年7月29日公開

ローサは密告された

MA' ROSA

1102017年7月29日公開
ローサは密告された
3.8

/ 139

29%
39%
20%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

マニラのスラム街で、小さなコンビニエンスストアを夫婦で営みながら、4人の子供を育てるローサ(ジャクリン・ホセ)。ローサは地元の人気者だったが、家計のために少量の麻薬を扱っていたことが原因で、夫と共に逮捕されてしまう。子供たちは、腐敗した警察から両親を取り戻そうと力を尽くすが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(24件)

切ない21.2%絶望的19.2%恐怖13.5%悲しい11.5%不気味11.5%

  • pio********

    5.0

    ある程度フィリピンのことを知る人向けかな

    ドキュメンタリータッチな映像とそれを助長する各役者のリアリティー溢れる演技がフィリピンに巣食う現実の社会問題を描いたこのストーリーにさらに現実味を与えている。出てくる人物の細かなワンシーンでも演技とは思えないほどのリアル感満載で思わず惹きつけられて観てしまう。特にラストシーンのローサの描写などは…。ただ、この映画はある程度フィリピンの社会や人を知る者でないと意味不明な部分があったり深く感情移入はできないのではないかと思うが。

  • kaz********

    3.0

    映像ブレで観る方たいへんだが観る価値あり

    フィリピンのドゥテルテが大統領になったのは、2016年6月30日。 ところでこの映画は2016年公開。製作には5年の月日がかかっているということだそうである。 メンドーサ監督曰くは、この映画はドゥテルテ大統領が登場する以前の物語ですとインタビューで答えている。 したがって、ドゥテルテ大統領の登場、すなわち麻薬撲滅運動が警察をこのようにしてしまったというのは間違いで、元からのフィリピン警察の問題と考える。 それにしても、映画で描かれている警察は腐ってる。酷すぎる。 一方、スラムに住むローサ家族の一致団結のすがたは見事に描かれている。 WOWOWの特集ページなどには載っていない作品だったが何故か目に止まったので観てみた。内容のある作品だった。

  • arl********

    3.0

    マニラの現実

    フィリピンの現実を生々しく描きました。日々を必死に生きる人たち。

  • fg9********

    4.0

    ネタバレ誰一人として演技をしているとは思えない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MOON

    3.0

    ドキュメントにしか見えない恐ろしさ

    ブラジルも然り。 どうにもならない不条理な世界。 こういう世界がたくさんあることをもっと日本人も知るべきなので評価を上げた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第69回

女優賞

基本情報


タイトル
ローサは密告された

原題
MA' ROSA

上映時間

製作国
フィリピン

製作年度

公開日

ジャンル