ここから本文です

何気ない毎日が大切なんだなぁと染みる作品

  • bat***** さん
  • 2019年9月16日 12時35分
  • 閲覧数 1169
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

何も起こらない映画。ただ、主人公の詩が着々と出来ていく。

いつもと同じだけど、いつも違う毎日。
ちょっと怖めの低い音楽がずっと鳴ってて、なんとなく不安になりそうな雰囲気。

なんやかんやで人を惹きつけるのか、主人公は新しい出会いが多い。バスでの人々の会話も何気なさすぎる。

最後は犬に詩を食べられるも、日本人の詩人に白紙のノートをもらう。

日常なんだけど意外と色々あるよね、というジャームッシュ監督のメッセージを感じた。
反面、こういう日常を自分は求めてないけど、何気ない毎日が大切なんだなぁと染み入る作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ