ここから本文です

嫌いじゃないけど…

  • har******** さん
  • 2019年9月27日 7時55分
  • 閲覧数 1342
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この手の「主題はストーリーではない」系の、いわゆるドラマ映画は嫌いじゃない。しかし…この作品はそうした作品の枠・種類を悪い意味で逸脱、というか意味を履き違えていると思う。理由は「いくらなんでも中身が無さ過ぎる」から。

展開もない、事件もない、できごともない、あってもそこから発展がない、全体から伝えたいテーマもない、言いたいこともない。そもそも設定に大きな意味はない。はっきり言えば、作品中のどのシーン・どの出演者をトルツメしても別にエンディングに関係しない(←ここ重要)。なんだそりゃ??

「それっぽい雰囲気で『空気感をタメにタメれば』玄人域だ」と思っているならそれは絶対に違う。それは表現や芸術や創作ではない。本当に見ていて死ぬほど退屈な映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ