ここから本文です

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (2017)

STAR WARS: THE LAST JEDI

監督
ライアン・ジョンソン
  • みたいムービー 1,841
  • みたログ 2.5万

4.06 / 評価:22,157件

新しいスターウォーズ

  • Masato さん
  • 2017年12月15日 0時12分
  • 閲覧数 18492
  • 役立ち度 1340
    • 総合評価
    • ★★★★★

事前情報なしで鑑賞推奨!!


プレミア上映にて

とにかく圧倒される場の空気と映画の息をつかせぬ展開でテーマを深く考察できる暇がなかった。

旧シリーズが好きな人のツボをしっかり抑えていながら、いままでにないスターウォーズを実現させた。ジョージルーカス本人でさえEP1で失敗していたのに、前作のJ.Jエイブラムスならびにライアンジョンソン監督は見事にやってのけた。素晴らしい!!

シリーズ最長の152分。やはりその長さは感じさせない。まず、シリーズを踏襲した大規模なアクションを繰り広げる景気付けのオープニングシークエンスをしていることが素晴らしい!

そして、新キャラ旧キャラ問わずに魅力を増幅させて描いている。これは、EP4からEP5の時にキャラクターの魅力が増した時と同じ感覚だった。特に、小動物たちは凄い良い(ポーグかわいい)。

ストーリーに関して、小気味好いコミカルさとシリアスさを兼ねていて、フィンとローズのシークエンスはややテンポが悪くなったりするものの、中盤終わりくらいから素晴らしいストーリーテンポだった。そして、「こう疑えば、こう覆される」というような、疑念を持たせては否定して新事実を出していくという展開が立て続けに現れて、衝撃の展開が一気にドバッーっとやってくる。この衝撃の展開で5,6回位は身体異常かと思えるほどの鳥肌がたってしまった。
なにより、ルークがカッコ良すぎた。まるでウルヴァリンのような貫禄。

演出に関して、所々スローモーションを活用した部分があり、そこは新鮮だった。ここで盛り上げる!というところは、しっかりと盛り上げるように演出されており、見事それが功を奏している。全体を通して赤を基調としており、カラーコーディネートされているのが良い。そして、タイトルの回収の仕方が本当に分かってるとしか言いようがない。うますぎる。

今作は宇宙での戦いが多く、ジェダイ以外のキャラクターをメインにして活躍させていたところは非常に新しい!しかし、ジェダイに関しては心理描写が多くジェダイのアクションを待ち望んでいた人にはやや期待はずれかもしれない…

デイジーリドリーとアダムドライバーは言うことなしの良い演技。マークハミルは旧シリーズ以上に良い演技してたと思う。マークハミルキャリーフィッシャーはずっとスターウォーズを支えてきた。本作で尊敬の象徴となっている部分が多く、それは哀悼の意を示した監督の計らいなのではないか?とも思えてくる。

期待に応えてくれた新たなスターウォーズ!!ソロも次作も期待しかない!!

それじゃあ

May the Force be with us

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ