ここから本文です

幼な子われらに生まれ (2017)

監督
三島有紀子
  • みたいムービー 242
  • みたログ 796

3.72 / 評価:598件

あなたは理由は聞くが、気持ちは聞かない

  • たーちゃん さん
  • 2021年7月30日 1時59分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

再婚同志でお互いに連れ子がいるというご夫婦は多いと思います。
夫婦同志は恋愛感情があったとしても、その子供たちともうまくいくというのはなかなか難しい問題だと思います。結婚する時は仲良くなれたとしても、成長していくうちに思春期を迎えたりすると実の子でも難しい年齢となると色々とある事でしょう。

今回のストーリーの中では奥さんの連れ子の女の子が反発し始めます。それは母に父との子が出来たという事なのか、父が実の子と会っている事に反発しているのかは正確なところは分かりませんが、きっと何かがあったのでしょう。(ここではこれが原因という明確さがなかったようです)それまで懐いていた父に対してわざと反感を買うような言動をしていきます。
「本当のお父さんに会わせて」
しかし実の父からはDV受けていて娘も幼い頃に父から殴られて、歯を折られたりしていました。
父は妻の止めるのも聞かず娘を実父と会わせるように段取りします。しかし、そこには現れない娘。家に帰ってきた娘は会って楽しかったと嘘を言いますが、嘘をついた事は叱り実父からのプレゼントを渡すのでした。

父の信を浅野忠信さん、妻の奈苗を田中麗奈さん、実父の沢田を宮藤官九郎さんが演じています。
浅野さんは今までにかなり突き抜けた役をやっているので、何か裏があるのかとか、いきなり切れて何かをやってしまうのではないかと思って拝見していましたが、かなり抑えた普通の男性を演じていたので、何だか意外でした。
母の出産の時に娘も立ち合う事で、娘との和解を表現しているようでしたが、娘は母の実家から駆けつけていて、もしかしたら父とはうまくいっているわけではないのかもしれません。
あまりドラマチックな展開よりも、自然な流れを表現していたようです。

信が前妻の友佳(寺島しのぶ)から今の旦那が末期ガンになっているので、定期的に娘と会うのを夏の間だけ止めて欲しい事を伝えられた時のシーンで言われるセリフがあります。
「理由は聞くくせに、気持ちは聞かないのあなたって。何で堕ろした。何で俺に相談しなかった。何で家庭に入らないんだ。理由ばっかり聞いて。産婦人科に行った時の私の気持ち。一人で決めた時の私の気持ち。そういう事、全く聞いてくれなかった」
人生は後悔の繰り返しかもしれません。~しなければ良かった。って思う事が多いかもしれません。

信が切れる瞬間があります。
娘が部屋に鍵を付けたいと言ってきた時に堪忍袋の緒が切れたのでしょう。子供も堕ろして別れようと言います。「もうわかんないよ。俺たちもう別れよう」と言いながら娘の部屋に鍵を着けだします。
信にとっては懸命に耐えていたのに、娘から分かってもらえないのに堪らなくなってしまいます。

実の娘の沙織からは頼りにされている信です。信に会いに来た義理の父親が末期がんになっている事が悲しいくないと告白するのでした。しかしその後、雨で移動できなくなり、沙織の元に友佳から電話がかかってきます。ガンで危篤だと言われ、奈苗に車で迎えに来てもらいます。そこに信の娘の恵理子がいた時に沙織は気が着いたようでした。恵理子に沙織は「パパの友達」だと紹介します。この時に恵理子の口から信に新しい子供が生まれる事を聞かされます。
「水臭いな教えてくれないなんて。親子なのに」
この時に沙織は吹っ切れたのではないでしょうか。信はもう自分だけの父親ではないという事に。自分の父親は今危篤の床にいる義理の父だという事にです。
危篤の義理の父の手を握って、泣く沙織がいました。

帰りの自動車の中で信が恵理子に語るモノローグのシーンがあります。
でも実際には話しているシーンはありません。もしかしたら、これは信の心の会話で実際にはしていない会話かもしれません。

本当の父と義理の父とは何でしょうか。
血のつながりはもちろん大切なものだし、かけがえのないものでしょう。でもそこにきちんと愛情があれば、父親になれると思うのです。
独身でこのような経験のない私は大変だろうなぁ。切れてしまう信の気持ちの方がわかるなあと思ってしまいます。

ひとりカラオケで発散する奈苗の気持ちもわかります。

元々この信という人物は感情よりも計算で生きているような人間像だと思われます。
どこかで面倒臭い事言ってんじゃないよ。と思っている心の声が聞こえる気がしてならないのです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ